【英語が苦手な人向け】外資系企業に転職するための5ステップ

  • URLをコピーしました!

外資系企業に転職しようか考え中です。
でも英語はちょっと苦手…。

どうすれば外資系企業に転職できるか知りたいです。

この記事では、英語が苦手だけど外資系企業に興味がある人に向けて、外資系転職の方法を紹介します。

私は日本企業と外資系企業の両方で働いた経験があります。

外資系企業は「年功序列」ではないので、若くても高年収を狙えます

このブログでは外資系企業について紹介していますが、外資系企業について理解した上で「働いてみたい」と思ったら、挑戦してみてはいかがでしょう?

この記事を参考に、検討してみてくださいね!

本記事の内容

  1. 外資系企業を知る
  2. 希望の仕事・年収は?
  3. 履歴書を準備しよう(英文履歴書を作る)
  4. いざ面接!(英語面接対策をする)
  5. 最終面接に合格したら(年収交渉をする)

さっそく、外資系企業の特徴を知るところから始めましょう!

目次

1.外資系企業を知る

まずは外資系企業の特徴を、簡単に紹介しましょう。

外資系企業の特徴として、以下の点があげられます。

外資系企業の特徴

外資系はやはり年収が高い

働く上で一番気になるのが年収

外資系企業は、日本企業と比べるとやはり年収は高いです。

  • 日本企業の平均年収:約500万円
  • 外資系企業の平均年収:約800万円

上記の数値で言うと、日本企業と外資系企業では一年で300万円の開きがあります。

1ヶ月単位で換算すると月額25万円の差です。

ちなみに私は外資系で働いていましたが、同じ仕事を日本企業でやっていたら年収で200万円は低かったと思います。

年収に200万円差があると、10年働いたら2000万円の差。

2000万円は「日本の大企業の退職金」と同じ金額です。

年収を上げれば、定年まで働かなくても「大企業並みの退職金」は貯まります。

外資系に向いている人の特徴

ご存じかも知れませんが、外資系企業には「終身雇用」も「年功序列」もありません。

日本企業と比べるとカルチャーが違うので、「外資系企業は合わない」と感じる人もいるかもしれません。

外資系企業に向いているのは、こういうタイプの人です。

外資系に向いている人の特徴

  • やりたいことがハッキリしている
  • 年功序列ではなく、成果で評価されたい
  • 海外の人と働きたい
  • 日本の企業文化になじめない
  • 定年まで働くイメージが湧かない
  • 英語に多少は興味がある

詳しく知りたい方は、「外資系に向いてる人・向いていない人の7つの特徴」も参考にしてみてください。

外資系企業の雰囲気やカルチャーについては、このブログの「外資を知る」でいろいろ紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2.希望の仕事・希望年収は?

「外資系企業で働いてみたい」と思ったら、次は「どんな仕事をするか」を考えていきましょう。

公開されている求人を見てみる

まずは、実際にどんな仕事があるのか求人情報をいくつか見てみましょう。

チェックするポイント

  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 年収
  • 必要な英語力

具体的に何をやるか決まっていない人は、現在の仕事と同じ職種をチェックしてみるといいですよ。

外資系企業の求人が多い求人サイトを、以下紹介しておきます。

外資系企業の求人サイト

いろんな求人を見て、希望職種の年収相場をリサーチしてみてくださいね。

外資系企業は「年功序列」ではないので、30代でも高年収を狙えます。

外資系企業で働きたいと思ったら、なるべく若いうちに転職する方が「お得」です。

仕事に必要な英語力を確認する

「ビジネスレベルの英語力が必要」と書いてあったけど、具体的にどのくらいのレベル?

求人情報を見ていると、求められる英語レベルが書いてあるはずです。

「求められる英語レベル」は、たいてい次の4つに分けられます。

  • ネイティブレベル
  • ビジネスレベル
  • 日常会話レベル
  • 英語力不問

英語が苦手だと感じている方は、「ネイティブレベル」の求人には応募しないようにしましょう。

求人の中で一番多いのが、「ビジネスレベル」「日常会話レベル」

企業によりますが、「ビジネスレベル」と「日常会話レベル」はおおよそ下記のとおり。

  • ビジネスレベル:TOEIC800以上
  • 日常会話レベル:TOEIC600以上

英語が苦手と感じている方は、「日常会話レベル」の求人を中心に探すといいかもしれません。

「日常会話レベル」の場合、ネイティブと話す機会は少なく、読み書きができれば何とかなる業務内容です。

ビジネス英語の学び方

ビジネスで使う英語は、どうやって勉強すればいい?

外資系企業で働くなら、やはり英語は多少できる方が楽です。

これから英語を勉強するなら、次の方法を試してみてください。

ビジネス英語の学び方

  1. NHKの「ラジオビジネス英語」のテキストを読んで、ビジネス英語を理解する
  2. ビジネスに特化したオンライン英会話スクールで、期間を決めて勉強する
  3. 勉強を始めたら、英語力がどのくらい上がったか測るためにTOEICを定期的に受ける

まずは、NHKの「ビジネス英語」のテキストを1冊購入してみてください。

NHKの語学テキストは1冊600円程度で購入できます。

「ビジネス英語」とはどんなものか、チェックしてみましょう。

ざっと目を通してビジネス英語を勉強する気になったら、本格的に勉強を始めてみてください。

ビジネス英語を学びたい英語初心者の方におすすめの英会話スクールは、「ビジネス英語を学ぶのにオススメは?|初心者向けオンライン英会話6社比較」で紹介しています。

個人的におすすめなのは『Bizmates』です。私も1年以上利用しましたが、仕事で使える英語を学ぶのにおすすめですよ。

海外ではTOEICの知名度はほとんどないので、受ける必要はありません。

ただ、自分の実力が上がっているのかチェックするのに利用してみてもいいかもしれません。

なお、以下の方法はオススメしません。

おすすめしない学習法

  • 「日常英会話」から学ぶ(「ビジネス英語」コースを選ぶこと)
  • リスニングばかりに力を入れる(話せなければ、ビジネスでは使いものにならない)
  • 高額の英会話スクールで学ぶ(高額のスクールでなくても、十分ビジネス英語は身につく)

やはり英語の習得には、時間がかかります。

今すぐ転職するつもりはなくても、将来的には外資系で働きたいと思ったら、今から英会話の勉強を始めることをおすすめします。

ちなみに私が働いていた外資系企業では、社内で英語レッスンが受けられたり、英語スクールの費用をサポートしてくれました。

外資系企業の中にも、それだけ「英語が苦手な人がいる」ということです。

会社に入ってから英語を学ぶチャンスもありますから、英語が苦手だからといって、あきらめる必要は全然ないですよ。

3.英文履歴書を準備しよう

半年以内に外資系企業に転職したいという方は、英語の勉強と並行して、英文履歴書の準備も早めに始めましょう。

外資系企業に応募するなら、英文履歴書は必須です。

外資系企業に応募するときは、たいてい次の3つの提出を求められます。

  • 日本語の履歴書
  • 日本語の職務経歴書
  • 英文履歴書

英文履歴書の作り方は、「無料テンプレートを使って英文履歴書を1から書く方法【英語が苦手な方へ】」で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

求人を探しながら、日本語の履歴書、日本語の職務経歴書、英文履歴書の3つを準備しましょう。

履歴書の準備ができたら、あとは求人を探していくのみ。

効率よく求人を探すなら、転職エージェントも併用するといいかもしれません。

外資系企業への転職に強いエージェント

エンワールド・ジャパン

英語面接対策、英文履歴書添削など相談可

JAC Recruitment

国内外の年収800万以上のハイクラス求人が多い

ランスタッド

正社員、派遣社員とも求人数豊富

Hays Japan

ビジネスレベルの英語力がある方におすすめ

英文履歴書の添削や面接対策をしてくれる『エンワールド・ジャパン』は、登録しておいて損はないかと思います。

4.いざ面接!

英語面接対策をする

外資系企業の採用面接では、英語面接がある場合があります。

英語が苦手なのに、英語で面接を受けるなんて無理ですよ!

必ず英語面接があるとは限りませんが、いつ英語面接があるか分からないので、準備しておく方が無難です。

オンラインの英会話スクールでも英語面接対策をしてくれるところがあります。

たとえば先ほど紹介した Bizmates では、基本料金(月額13,200円)だけで英語面接対策のレッスンも受講できます。

(レッスン内容を知りたい方は、「Bizmatesの英語面接対策の内容とは?初級・中上級レベルを徹底解説」を参考にどうぞ。)

私も外資系企業に転職した際、2回ほど英語面接を受けました。

英語面接で聞かれることは日本語の面接とほぼ同じなので、練習さえしておけば通過できます。

ただ、練習しておかないとかなり緊張すると思いますので、時間に余裕があればぜひ英語面接対策もやっておくといいですよ。

転職エージェント経由で面接を受ける場合は、エージェントの担当者に英語面接があるか聞いてみましょう。

5.最終面接に合格したら(年収交渉)

見事最終面接に合格したら、最後の関門は『年収交渉』です。

外資系企業に転職するなら、確実に年収はアップさせたいですよね。

交渉に慣れていないと希望の年収額で合意できない場合もありますから、ぜひ交渉術は学んでおいてください。

外資系企業に転職して確実に年収アップさせる3つの方法【交渉が命】」では、交渉術を学ぶのにおすすめの本も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、海外と比較すると日本の平均年収はかなり低いです。

日本企業の年収額に引きずられず、外資系企業でのその職種の年収相場を頭に入れた上で、交渉しましょう。

気になったら、求人をチェックしてみよう

この記事では、英語が苦手な人が外資系企業に応募する方法を紹介しました。

今すぐにではなくても、1年後、2年後に外資系企業に転職したいと思っている方は、今からビジネス英語の勉強だけでも始めておくことをオススメします。

Bizmates であれば、月額13,200円で毎日ビジネス英語のレッスンが受けられます。

もし、半年以内に外資系企業に転職したいと思っている方は、さっそく求人情報をチェックしていきましょう。

希望の仕事が見つかることを願っています。

頑張ってくださいね!

外資系企業への転職に強いエージェント

エンワールド・ジャパン

英語面接対策、英文履歴書添削など相談可

JAC Recruitment

国内外の年収800万以上のハイクラス求人が多い

ランスタッド

正社員、派遣社員とも求人数豊富

Hays Japan

ビジネスレベルの英語力がある方におすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる