無料テンプレートを使って英文履歴書を1から書く方法【英語が苦手な方へ】

  • URLをコピーしました!

英文履歴書を書いたことがありません。
どうやって書けばいいか、教えてください!

この記事では、このような悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 英文履歴書の書き方
  • 自分で作った英文履歴書、これで大丈夫?

外資系企業に転職をするなら、必ず必要になるのが英文履歴書

この記事では、初めて英文履歴書を書く人に向けて、英文履歴書の書き方を紹介します。

書類選考では、この英文履歴書で合格・不合格が決まります。

あなたのスキルや経験が企業側に正しく伝わるよう、英文履歴書は手を抜かずにしっかり書いていきましょう。

英語が苦手な方でも書けるように説明しています。
がんばって作成していきましょう!

目次

外資系に転職するなら「英文履歴書」を用意しよう

最初に、外資系企業に応募するときに必要な書類を紹介しましょう。

外資系企業に応募するときは、英文履歴書が必要です。

外資系
日系企業
  • 履歴書(日本語)
  • 職務経歴書(日本語)
  • 英文履歴書(英語)
  • 履歴書(日本語)
  • 職務経歴書(日本語)

外資系企業へ転職希望の方は、履歴書・職務経歴書・英文履歴書の3つを準備しておくようにしましょう。

英文履歴書を作る前に準備しておくもの

それではさっそく英文履歴書作成の準備に入りましょう。

英文履歴書を作る前に、次の3つを準備してください。

準備するもの

  1. 日本語の履歴書
  2. 日本語の職務経歴書
  3. 翻訳サイト・アプリ(Google翻訳DeepL

アプリのダウンロード(スマホの場合)

Google 翻訳

Google 翻訳

Google LLC無料posted withアプリーチ

DeepL翻訳

DeepL翻訳

DeepL GmbH無料posted withアプリーチ

英文履歴書の無料テンプレートをダウンロード

英文履歴書のテンプレートはインターネット上にたくさんありますので、それを利用しましょう。

今回は、Microsoft が提供しているテンプレートを使うことにします。

Microsoft Office 無料テンプレートサイト

「英文履歴書」でも「英文レジュメ」でも書くべき項目は同じですので、どちらを使っても構いません。

好きなレイアウトの方を選んでみてくださいね。

英文履歴書の書き方

テンプレートをダウンロードしたら、さっそく必要事項を記入していきましょう。

英文履歴書に書く項目は、次のとおり。

  1. 名前、住所、電話番号、メールアドレス
  2. Objective (希望職種)
  3. Summary (経歴の要約)
  4. Work Experience (職歴)
  5. Education (学歴)
  6. Qualification (資格・スキル)

日本語の履歴書・職務経歴書をもとに、英語に訳していきましょう。

今回は「英文レジュメ」のテンプレートを使って説明します。

① 名前、住所、電話番号、メールアドレス

まずは、名前、住所、電話番号、メールアドレスを入力しましょう。

ここはカンタンだね。

② Objective (希望職種)

次に「Objective」です。

聞いたことないなぁ…

「Objective」には、希望する職種やポジションを1行程度で簡単に書きます。

書き方はいろいろありますが、どのように書いたらいいのか分からないときは以下の形式で書いてみましょう。

To obtain a [ポジション名] position that will enable me to use my extensive experience in [業界・分野].

日本語訳:[業界・分野] での豊富な経験を活かすことができる、[ポジション名] のポジションを志望

ただし、今回紹介した「英文レジュメ」のテンプレートには Objective の欄がありません

なぜテンプレートに入っていないんだろう?

ここ最近は「Objectiveを書くスタイルは古い」という意見もあるのです。
(参考:「Does a Resume Need an Objective?」)

実際のところ、私も自分の英文履歴書に Objective を載せていませんでした。

個人的には Objective は書かなくても大丈夫だと思っていますが、不安な方は書いておきましょう。

③ Summary (経歴の要約)

次は Summary です。

「Summary」には、経歴の要約を箇条書きで記載します。

日本語の職務経歴書に書いてある「職務要約」を箇条書きで書くイメージです。

Summary は省略しないで書くようにしましょうね。

例として、次の「職務要約」で考えてみましょう。
(例文引用:エン転職「職務経歴書の「職務要約」の書き方」

営業職の例文

◯◯大学を卒業後、求人情報サイトを運営する株式会社◯◯に入社。営業職として、新規顧客の開拓を中心に取り組んでおりました。直近3年間は毎年目標売上を達成、昨年は120%達成により社内賞も受賞しました。チームリーダーも任されており、3名のチームメンバーの業績管理の経験もあります。

英語の Summary にするなら、こんな感じになります。

Summary にすると

  • 求人情報を扱う企業の営業職として x 年間、新規開拓業務に従事
  • x 年間のチームリーダー経験あり
  • 3 年連続売上目標を達成
  • 20xx年、優秀な営業成績が評価され社内賞を受賞

具体的な数値を入れるようにしましょう(x 年間の営業経験、など)

日本語で箇条書きのSummary文ができたら、Google翻訳かDeepLで英訳してください。

Summary をDeepL で訳してみると(一部数値を記入)

  • 3 years in new business development as a sales representative for a recruiting firm
  • 2 years of experience as a team leader
  • Achieved sales targets for 3 consecutive years
  • Received an internal award for excellent sales performance in 2022

読んでみて不自然なところがあれば、適宜修正してくださいね。

これで Summary は完成です。

④ Work Experience (職歴)

次は、職歴を書いていきましょう。

▼書くべきこと

  • 会社名
  • 在籍期間
  • 肩書き
  • 業務内容、実績、達成したこと

会社の英語名が分からないとき

日本企業の場合、会社ホームページの「企業概要」に英語名が載っていることが多いです。

例)日立製作所の場合

業務内容の書き方

業務内容も箇条書きで書きます。

1つの肩書きに対し、5つ程度の箇条書きでまとめてみましょう。

日本語の職務経歴書を参考に、4~5つ程度の文を書いてみてください。

英訳することを意識して、若干不自然でも「英語に訳しやすい日本語」で書いてみてくださいね。

プログラマーの場合(例)
(参考:zety「Resume Work Experience, History & Job Description Examples」)

  • 年間約10件のアプリケーションを設計および開発した
  • データ分析チームと協力し、プロジェクトの要件を定義した
  • 技術メンバー、ビジネスアナリスト、外部ステークホルダーとのプロジェクト会議を主催した
  • 15名以上の新人プログラマーや開発者に対する教育およびメンターをした

    [実績] テスト時間を55%削減するテスト自動化ツールを開発した

英語にすると

  • Designed and developed up to 10 applications projects per year.
  • Designed project requirements in cooperation with data analysis teams.
  • Participated in project meetings, with technical staff members, business analysts, and external stakeholders.
  • Trained and mentored over 15 junior programmers and developers.

    Key achievement: Developed a test automation tool that reduced testing time by 55%

経歴がたくさんあっても、長々と書くと採用担当者の読む気が失せてきます。

アピールしたいポイントを、端的に書くようにしましょう。

この作業が一番大変
よーく考えて、1ポジションにつき「5つ」程度にまとめてみてくださいね!

⑤ Education (学歴)

職歴が書ければ、後はカンタンです。

今度は、学歴を書いていきましょう。

大学卒であれば、大学名と学部を書いてください(高校名を書く必要はありません。)

大学院卒であれば、大学名と大学院名を両方書きましょう。

学位英語名
学士号Bachelor of ○○○
修士号Master of ○○○
博士号Doctor of ○○○

学部名の英語が分からないとき

下記の一覧表で探してみましょう。

▼学部一覧表
https://www.bizreach.jp/pages/archive/faculty/
(引用:ビズリーチ)

出身大学の公式ホームページに、英語名が載っている場合もあります。

⑥ Qualification (資格・スキル)

最後に「資格」を書いていきましょう。

英語で「資格」を書くときは、英語として理解できるように書くようにしてください。

  • 悪い書き方:Boki 2rd grade (簿記2級)
  • 適切な書き方:The Official Business Skills Test in Bookkeeping, 2nd grade

ちなみに海外の人は、日本国内の資格検定試験について全く知りません。

「2nd grade」と書いても、レベルが高いのか低いのか分かってもらえません。

その場合は、(expert level) とか (basic level) のように補足するのもいいかもしれません。

「普通自動車免許」の資格は載せるべき?

よく日本の履歴書に「普通自動車免許」の資格を書く人がいますが、私は載せません。

なぜなら、応募する職種に全く関係がないからです。

保有している資格をすべて書く必要はありません。応募する職種に有利になる資格だけ書きましょう。

作成した英文履歴書に自信がないときは

英文履歴書、書けましたね!

これで、外資系企業に応募する準備は完了です。

書いてみたけれど、これで通じるのかな…?

書類選考は「履歴書・職務経歴書・英文履歴書」で決まりますから、英文履歴書の中身は非常に重要。

もし自分の書いた英語に不安を感じるときは、誰かに添削してもらうほうが無難です。

英語の得意な知り合いにチェックを頼めればいいですが、個人情報がたくさん入っているので頼みづらいかもしれませんね…。

そんな場合は、次の方法を検討してみてください。

英文履歴書を添削してもらう方法

  • 転職エージェントに依頼する(無料)
  • 英会話スクールを利用する(有料)
  • 英文添削サービスを利用する(有料)

もし転職エージェント経由で転職活動をしようと考えている方は、エージェントに相談してみてください。

外資系の求人を多く扱っているエージェントであれば、英文履歴書の添削も無料で対応してくれます。

外資系企業への転職に強いエージェント

エンワールド・ジャパン

英語面接対策、英文履歴書添削など相談可

JAC Recruitment

国内外の年収800万以上のハイクラス求人が多い

ランスタッド

正社員、派遣社員とも求人数豊富

Hays Japan

ビジネスレベルの英語力がある方におすすめ

エージェント経由ではなく、外資系企業に直接応募する場合は、英会話スクールを利用したり、英文添削サービスを利用する方法もあります。

詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にどうぞ。

おわりに

この記事では、英文履歴書を1から作成する方法について紹介しました。

自動翻訳アプリを使えば、英語が苦手な人でも英文履歴書は作れます。

もし自分で作った英文履歴書の英語に自信がないときは、誰かに添削してもらうと安心です。

英文履歴書は、一度作ればその後の転職でも再利用できるので、ぜひ作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる