【終身雇用は崩壊する?】終身雇用のデメリットと今後について

  • URLをコピーしました!

外資系は「終身雇用」ではないんですよね?
外資系企業は気になりますが、長く働けないのは不安に感じます。

この記事では、このような悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 終身雇用のメリット・デメリット
  • 終身雇用は日本だけ
  • 終身雇用の現状と今後

昭和世代の方ならなじみのある言葉、『終身雇用』。

しかし『終身雇用』の企業は減りつつあります。

「終身雇用は崩壊する」とも言われていますが、これからどうなるのでしょうか。

この記事では終身雇用のデメリットと今後について考えてみたいと思います。

目次

『終身雇用』は、戦後にできた制度

『終身雇用』は江戸時代からその原型はあったようですが、現在の『終身雇用』が広まったのは戦後の高度経済成長以後です。

高度経済成長期って、いつ?

高度経済成長期は、今から約70年前です。

実質経済成長率のグラフに重ねてみると、高度経済成長期はこのグラフの一番左にあります。

日本の実質経済成長率

高度経済成長を経て日本は急成長したものの、バブル崩壊以降「失われた何十年」という時代に突入。

その間に世界は大きく変化しましたが、日本の雇用制度は驚くほど変わっていません。

70年前に普及した『年功序列』と『終身雇用』は、ようやく最近になって見直されてきていますが、多くの日本企業でこの制度は残っています。

終身雇用のメリット

そんな『終身雇用』のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

終身雇用のメリット

  • 安定した収入
  • 安定した雇用

安定した収入

何といっても、安定した収入が保障される点が終身雇用のメリットです。

経済的な不安を常に抱える生活はしんどいですからね。安定して収入が得られるのは、心の安定にもつながります。

安定した雇用

安定した収入が確保される前提は、雇用も守られているということ。

転職活動をする必要もないですし、とにかく会社にいればお給料がもらえます。

終身雇用のデメリット

何となく「昭和の良き香り」が漂う『終身雇用』。

しかし時代は令和。終身雇用のデメリットも目立つように…。

終身雇用のデメリットとして挙げられているのは、次の点です。

終身雇用のデメリット

  • 若い人にとって割に合わない
  • 時代に合ったスキルが身に付かない
  • 退職金をあてに人生を考える
  • 会社に依存しすぎて、辞められなくなる

若い人にとっては割に合わない

終身雇用は、若い人にとってはデメリットが大きいです。

下記のグラフは、アメリカと日本の年齢別平均年収を表したものです。

これを見て分かるのは次の2つ。

  • アメリカでは、40代をピークに年収が下がる
  • 日本では、年齢が上がるごとに年収が上がる

日本企業が「年功序列」であることがよく分かりますね。

でも、冷静に考えると年功序列ってヘンじゃないですか?

なぜ、仕事の成果でなくて『年齢』で給料が決まるのか?

一生懸命働いているのに年収が低い若い人にとっては、年功序列という仕組みは納得いかないはずです。

時代に合ったスキルが身に付かない

『終身雇用』の場合、社員は会社が育てます。

「やたら知識がたくさんある社員より、何も知らない若者の方が教育しやすい」などと言われたほどで、会社が必要とする人材は、会社が社員を育成していました。

でも、今は時代の変化が速すぎて、悠長に社員研修で育成していたら世界から取り残されます。

社員研修で身に付いたスキルなど、身に付いたときには、もう時代が必要としていません。

退職金をあてに人生を考える

『終身雇用』の良いところは、「まとまった額の退職金」かもしれませんね。

「長く勤めたらドーンと退職金が貰える」と思ってローンを組んでいる人は多いのでは?

でも40年近く勤め続けないと、期待した退職金はもらえません。

しかも長く働き続けるほど、退職金に夢が膨らみ、会社を辞められなくなります。

退職金をあてにしてローンを組んでしまったら、どんな辛いことがあっても辞めるわけにはいきません。

会社に依存しすぎて辞められなくなる

一生同じ会社で働くつもりで、その会社でしか通用しないスキルばかり身につけてしまうと、転職しづらくなります。

一社に依存しすぎると、「スキルが身に付かない→転職できない→辞められない」という循環に陥る可能性も。

終身雇用は日本だけ

海外には終身雇用という考え方はない

以上、終身雇用のメリットとデメリットを紹介しましたが、そもそも海外には終身雇用という制度はありません。

さっきも言いましたが、能力や成果ではなく、年齢で給料が決まるってヘンじゃないですか?

海外では、能力や成果に応じて給与が決まります。

アメリカの平均年収のグラフをみると、働き盛りの30代~40代になると給料が上がり、50代以降は徐々に下がっています。

50代以降になると体力も落ちてくるので、現実的にはそんなもんではないでしょうか。

海外の人は会社に依存しない

海外には終身雇用という考え方はないので、会社が自分の雇用を守ってくれるなど思っていません

スキルや経験があれば雇ってくれるし、期待した成果が出せなければいずれクビになると理解しています。そのため会社に過度な期待はせず、スキルがないと感じたら自分で学びます。

海外の人が転職するのは、「その会社がイヤだから」ではなく「スキルアップしたいから」。

その会社で働き続けても得られるものがなければサッサと辞めて、自分のキャリアにプラスになる会社へ転職していきます。

海外には退職金はない

そもそも海外には退職金もありません。だから、何が何でも一つの会社で働き続けようという人は少数です。

退職金が出るわけでもないので、イヤだったらさっさと別の会社に移ります。

海外でも定年は一応ありますが、働きたければ定年まで働けばいいし、ある程度の貯蓄ができたらアーリーリタイヤするのもアリです。

海外では過労死するほど働かない

海外の人は会社にそんなに期待していないので、過労死するほど働きません。

仕事は効率的に終わらせて、プライベートの時間も大切にします。

終身雇用の今後

そんな日本の「終身雇用」ですが、一体いつまで続くでしょうか…。

終身雇用制は限界を迎えている

終身雇用については、下記のような状況を背景に「限界説」が主流になりつつあります。

(参考:谷内篤博「日本的雇用システムの合理性と限界」)

  • 出生率の急速な低下
  • 労働力人口の高齢化
  • 若年層を底辺とするピラミッド型人材構造の崩壊
  • 技術革新スピードの加速化
  • 若年層の転職率の上昇
  • 労働能力と賃金のミスマッチ

トヨタ自動車の豊田章男社長は 2019年5月に「終身雇用の維持は難しい」と発言、経団連の中西会長も2019年4月に「企業が終身雇用を続けていくのは難しい」と発言しています。

終身雇用は右肩上がりの経済成長を前提に作られましたが、ご存じのとおり現在の日本には経済成長の糸口がまったく見えていません。

終身雇用を維持できる方策がなければ、終身雇用は廃止せざるをえなくなるでしょう。

退職金制度もいずれなくなるのでは?

退職金も同様に、いずれなくなる可能性は高いです。

退職金はピーク時から比べてすでに1000万円減少しています。経済成長もしていない状況のなか、退職金が増える要素は思いつきません。

大卒者の退職金平均額の推移

1997年2,871万円
2017年1,788万円

「終身雇用・年功序列」ありきのキャリアプランは危険

終身雇用・年功序列は日本独特のシステムですが、グローバル化が進む中で、日本の雇用制度もグローバルスタンダードに近づいていく可能性があります。

つまり、終身雇用・年功序列は崩壊するというシナリオです。

終身雇用・年功序列の制度がないと、年収はどうなる?

終身雇用・年功序列がなくなったら、おそらく年収はアメリカの平均年収と同じになると思われます。

つまり、下記の赤いラインのように、40代で年収のピークを迎え、50代以降は下がっていく形です。

現在20代~30代の方には、このグラフをイメージしながらキャリアプランを考えてみることをおすすめします。

体力的な面を考えると、この赤いラインのように年収が上下するのが現実に近いです。

気をつける点は、20代~30代で年功序列的な会社に転職しないようにすることです。

外資系企業であれば年功序列ではないので心配ないですが、日本企業の場合はいまだに年功序列的な制度が残っている会社が多いです。

転職するときは、口コミサイトを見るなり、転職エージェントに聞いてみるなり、可能な限り調べるようにしてください。

おわりに

この記事では、終身雇用のメリット・デメリットと今後についてお伝えしました。

現在の状況を踏まえると、終身雇用は崩壊する可能性の方が高いです。

ちなみに外資系企業には『終身雇用・年功序列・退職金』はありません。30代で年収アップしたいなら、外資系企業も検討してみてもいいかもしれません。

「ピーク年収」を狙うのは何歳頃かイメージしながら、キャリアを考えてみてください。


外資系転職の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次