【英語が苦手でも働ける?】外資系企業で必要な英語力はどのくらい?

  • URLをコピーしました!

外資系転職を検討しています。
でも、英語が苦手で…。

この記事では、このようなお悩みに答えます。

『年収が高い』と言われている外資系ですが、気になるのが『英語』ですよね。「英語力がないと採用されない」と応募をためらっている人もいるのではないでしょうか。

私は外資系企業で10年以上働きましたが、最初に結論をお伝えすると、外資系だからといって必ずしも高い英語力が必要なわけではありません。

英語力が重視されないポジションを狙えば、外資系企業で働くことも十分可能です。

この記事では、

  • 外資系企業で必要となる英語力
  • 英語が苦手な人が外資系の仕事を探すときのコツ

を紹介します。

「英語が苦手だから…」と外資系に応募するのをあきらめず、今回紹介する方法を参考に求人を探してみてください。

目次

英語ができなくても、外資系企業で働ける

外資系企業だからといって、ネイティブ並みの英語力が必要なわけではありません。

英語はできた方がもちろん有利

最初にお断りしておくと、英語はできた方がもちろん有利です。

たいていの外資系企業には帰国子女の人も働いていて、ネイティブ並みに英語が話せる日本人が必ずいます。

私が働いていた外資系会社にも帰国子女の人はいましたし、取引先の外資系企業でもネイティブ並みに話せる日本人の方を何人も見てきました。

ただし、外資系企業で働いているのは帰国子女ばかりではありません。

私のように社会人になってから英語の勉強を始めた人が大多数

外資系で働いていると、英語が苦手でも「通じればいいや」という精神で、積極的に英語でコミュニケーションするようになります。

英語力不問の求人もある

外資系企業でも、探してみると英語力不問の求人は結構あります。

例えば下記の某外資系メーカー。

応募資格を見てみると、20代~30代は「英語力不問」と書いてあります。

下記は大手外資系ITサービス企業でのコンサルタントの求人。年収レンジは1000万円~2000万円の案件ですが、こちらも「英語力不問」と書いてあります。

応募するときの目安となるTOEICレベル

「英語力不問」と書いてあっても、「入社してみたら、実は必要だったら…」と不安を感じる方もいると思います。

でも、外資系でも『英語力がほとんど必要ない』ポジションはあります。

私は外資系でエンジニアとして働き始めましたが、最初の頃は英語はほとんど必要ありませんでした。

参考までに、私の体験を紹介しますね。

エントリーレベルなら、TOEIC700

「エントリーレベル」「ジュニアレベル」といわれるポジションであれば、英語力はあまり必要ありません。

エンジニアとして働いていた時は、こんな場面で英語を使っていました。

  • 自社製品のマニュアルを読むとき
  • 海外のチームに何かを報告するとき
  • 週1回USチームとミーティングするとき

ミーティングといっても少人数のミーティングでしたし、基本的に話すことも決まっています。

自社製品のことしか話さないので、マニュアルを読んでいればたいていの単語は頭に入っています。

しかもこのときは、上司は日本人だったので、上司との面談は日本語。

マニュアルがある程度読めて、英語のミーティングに週1回参加する程度の英語力があれば大丈夫。

Google翻訳を使えば、マニュアルなんて簡単に読めますしね。

TOEIC700程度でこなせます。

シニアレベルなら、職種による

ただ、シニアレベルになってくると、職種によっては英語が必要になってくる場合も。

私の場合は、30代後半から英語で話す機会がグッと増えてきました。

その理由は次の3つ。

  • 上司が外国人に
  • 部下が外国人に
  • 海外クライアント担当に

英語で話す機会が一気に増えてしまいました。

そこからは、結構がんばって英語の勉強をするように。「短期集中!」といっても1年半くらい勉強しましたが、オンライン英会話で会話をひたすら練習。

その時の体験談は、ビズメイツ(Bizmates) を1年以上続けた私の体験談【英語に自信が持てた】で書いています。興味がありましたら、参考にどうぞ!

ただ、上記の3つ(上司・部下が外国人になった、顧客が外国人)に当てはまらなければ、シニアレベルになっても英語を話す機会はほとんどありません。

外資系企業が日本に拠点を構える理由は、日本市場での販路拡大日本人顧客のサポート。つまり『日本語が話せること』が大前提

英語は「社内のメンバーと話すのに必要だから」という程度です。

英語が苦手な人が外資系の仕事を探す4つのコツ

そんなわけで、外資系だからといって英語力が必ず必要なわけではありません。

英語力に自信がない方でも応募可能ですから、仕事を探すときは以下の条件で探してみてください。

英語力不問の職種を選ぶ

求人票に「英語力不問」と書いてある求人を探しましょう。

見つからなかったときは、「英語力:日常会話レベル」まで範囲を広げてみてください。

日常会話レベルなら、そこまで高度な英語力は必要ありません。オンライン英語で英語を半年~1年勉強すれば何とかなります。

日本人社員の多い会社を選ぶ

会社の規模が大きいところを選びましょう。

会社の規模が大きいほど日本人社員が多いので、メールのやりとりも日本語で十分やっていけます。

小規模な会社を選んでしまうと、海外拠点とのやり取りが多くなり、日々のメールのやりとりも英語に…。

「上司が日本人」の求人を選ぶ

英語が苦手な人は「上司が日本人」の求人を狙いましょう。

上司が日本人なら、英語を使う頻度は少ないです。

求人票には「上司は日本人です」などとは書かれてありませんが、転職エージェント経由で応募すれば、配属先の上司が日本人かどうか確認できますので、転職エージェントの担当者に聞いてみてください。

(20代)ポテンシャル採用してもらえる会社を選ぶ

20代なら、英語が苦手でも「やる気」をアピールすれば採用してくれるところは多いです。

20代の場合は、英語に限らず実務経験も少ないので、採用側はそこまで高い期待をしていません。

むしろ、今後の伸びしろに期待して採用します。

だからこそチャンス。

英語が苦手な人は、面談や面接で「今、英語を一生懸命勉強しています」とアピールしていきましょう。

ちなみに外資系に転職するなら、20代~30代前半がベスト。

外資系では40代の年収が最も高いです。40代でピーク年収を狙えるようなキャリアプランを考えてみてください。

日本とアメリカの年齢別平均年収

外資系で役立つ英語を身につけるには

実際に外資系で働いてきた私がオススメする英語学習法は、次のとおりです。

会話練習7割, インプット3割

仕事していて英語が必要と強く感じるのは、ミーティングで英語を話すときです。

ミーティングの目的は進捗状況の確認が多いですが、進捗状況を報告するのにレベルの高い英語を話す必要はありません。

ただ、慣れていないと緊張します。

緊張しないで話せるレベルまで、英語を話す練習をしてみてください。

毎日英語を話していると、緊張しなくても話せるようになってきます。

勉強するなら「ビジネス英語」に特化

仕事のために英語学習をするなら、日常英会話ではなくビジネス英会話を勉強するようにしましょう。

私は『ビズメイツ』というビジネスに特化したオンライン英会話を利用していましたが、仕事で使える英語を身につけたいなら、ビジネスに特化した英会話をやる方が学習効率が良いのでおすすめです。

》ビズメイツ 公式サイト

覚える単語も「ビジネス英語」に絞る

単語を覚えるときは、仕事に必要な単語だけ覚えていきましょう。

単語を覚えるなら、アプリを使うと効率的に覚えられます。私は『iknow』というアプリで短期集中で単語を覚えました。有料アプリですが、脳科学に基づく暗記法で短期間で集中的に覚えられます。

DMM英会話を利用している人は、iKnow を無料で使えます。

TOEIC の勉強はやらなくていい

ビジネス英語といえばTOEICを思い浮かべる人は多いと思いますが、TOEIC の勉強は必須ではありません。

求人票を見ても、どこにも「必要なTOEICスコア」など載っていません。

そもそもTOEICは日本人と韓国人くらいしか利用していない試験なので海外ではTOEICスコアは通用しません。

おわりに:英語が苦手でも外資系企業で働ける

この記事では、外資系企業で必要な英語力について紹介しました。

外資系企業でも英語力不問の求人はありますので、英語が苦手でも働けます。外資系企業だからといって、帰国子女並みの英語力は必要ありません。

ただ、英語はできて困ることはないので、時間があれば少しずつ英語学習を始めておくことをおすすめします。


外資系転職の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次