外資系に転職したい人におすすめの転職エージェント7社徹底比較

  • URLをコピーしました!

外資系に転職したいけど、どうやって進めればいいんだろう?

この記事では、外資系企業へ転職したい方に向けて『おすすめの転職エージェント』を紹介します。

外資系の求人は、どの転職エージェントでも豊富に扱っているわけではありません。

日系企業の転職に強いエージェントは、総じて外資系企業の求人数はそんなに多くありません。

外資系求人を探すなら、外資系の求人が多い転職エージェントを利用してみてくださいね。

目次

外資系に転職したい方におすすめのエージェント7社

さっそく、外資系企業に転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介していきましょう。

どのエージェントも外資系企業の求人案件を扱っていますが、『強みとする業界・職種』『勤務地』に違いがあります。

あなたの希望や条件にあわせて、エージェントを選んでみてくださいね。

外資系に強い、おすすめのエージェント7社

「外資系求人の割合」と「必要な英語力」

各エージェントの求人を「求人の多さ」と「必要な英語力」で表にしてみました。

エージェントを選ぶときの参考にどうぞ。

外資系求人数と求められる英語力

では、オススメ順に紹介していきますね。

エンワールド・ジャパン

外資系求人数約1000件
対応エリア圧倒的に東京の求人が多い
エージェントの特徴外資系転職専門。外資系IT企業の案件が多い。
公式ホームページhttps://www.enworld.com/

エンワールドジャパンは、外資系求人をメインに扱う大手の転職エージェントです。

外資系専門のエージェントでありながら日本語で相談できるので、初めて外資系企業に転職する方には安心です。

求人は、IT系・ライフサイエンス系の求人が多いです。

デメリットは、求人案件の大半は「勤務地が東京」であること。

残念ながら、東京以外での仕事を探している方には不向きです。

エンワールドが強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
テクノロジー・デジタル・通信
25%
ライフサイエンス
20%
経理・財務
13%
サービス・小売・広告
10%
法務・知財
7%
その他
26%
勤務地TOP3
東京
88%
大阪
3%
神奈川
1%
その他
7%

外資系転職の大手ですので、まずはエンワールドに登録しておきましょう。

無料登録後もお金はかかりません。

JAC リクルートメント

外資系求人数約15,000件
対応エリア東京、大阪、神奈川の求人が多い
エージェントの特徴ハイクラス・ミドルクラス転職に強い
公式ホームページhttps://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメント は、ハイクラス・ミドルクラス転職に強い転職エージェントです。

扱っている求人は、年収800万円~1000万円の案件が多いのが特徴。

グローバル企業の管理職や外資系企業へ転職したい方にはおすすめです。

具体的には、30代~50代で現在の年収が500万以上の方がターゲットになります。

「未経験OK」「年収500万円以下」の求人はほとんど扱っていないので、実務経験が少ないと求人を紹介されない場合もあります。

せっかく登録しても、求人を紹介してもらえないのなら、登録しても意味がないですよね…。

JACリクルートメントを使うかどうかは、公式サイトの[求人検索]ページで応募できそうな求人があるかチェックしてから判断するといいかもしれません。

無料登録後もお金はかかりません。

ランスタッド(Ranstad)

外資系求人数約1800件
対応エリア東京の求人が多い
エージェントの特徴世界39か国でサービス展開している外資系の転職エージェント
公式ホームページhttps://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは、世界39の国と地域に4,400以上の拠点を置く、世界最大級の人材サービス企業です。

正社員だけでなく派遣・紹介予定派遣の求人も多く扱っており、外資系企業で働いてみたいと思っているあらゆるスキルの人におすすめできるエージェントです。

幅広い業種の求人を扱っていますが、求人の大半は勤務地が東京。

東京以外のエリアで働きたい人にはあまりおすすめできません。

ランスタッドが良心的なのは、求人情報に想定年収がハッキリと記載されていること。

年収がよくわからないまま活動を進めて、後になって「年収低すぎ!」と落胆するリスクを避けられますよ。

ランスタッドが強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
技術系(機械・電気)
16%
営業
15%
事務・管理部門
14%
ITエンジニア
13%
ライフサイエンス
11%
その他
31%
勤務地TOP3
東京
73%
神奈川
9%
大阪
7%
その他
11%

無料登録後もお金はかかりません。

Hays Japan

外資系求人数約1000件
対応エリア東京の求人が多い
エージェントの特徴世界30か国でサービス展開している外資系の転職エージェント
公式ホームページhttps://www.hays.co.jp/

Hays Japan は、外資系の転職エージェントです。

世界中にネットワークがあり、Hays Japan ならではの外資系求人に出会えるチャンスがあります。

日本人のコンサルタントもいますが、日本語ネイティブでないコンサルタントもいるので、英語で連絡が来ることもあります。

英語に慣れていないと、ちょっと厳しいかも…。

幅広い業界の職種を扱っているので、業界問わず、外資系企業への転職を考えている方におすすめです。

Hays Japan が強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
IT
31%
小売・消費財
10%
製造業
8%
ヘルスケア・医療
7%
銀行・金融
7%
その他
38%
勤務地TOP3
東京
69%
大阪
10%
神奈川
4%
その他
17%

無料登録後もお金はかかりません。

doda

外資系求人数約4000件
対応エリア東京以外の求人も多い
エージェントの特徴業界第2位のエージェントで求人数が多い
公式ホームページhttps://doda.jp/

doda は転職エージェントの中では、リクルートエージェントに次ぐ業界第2位のエージェントです。

東京以外の求人も多いので、東京以外の勤務地をお探しの方にはおすすめです。

英語を活かせる求人や海外勤務の案件は、doda グローバルで探してみてください。

doda が強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
営業職
22%
企画・管理
21%
技術職(機械・電気)
21%
技術職(SEなど)
20%
医療系専門職
6%
その他
9%
勤務地TOP3
東京
49%
神奈川
13%
大阪
11%
その他
26%

無料登録後もお金はかかりません。

アージスジャパン

外資系求人数約1500件
対応エリア東京以外の求人も多い。大阪エリアにも強い。
エージェントの特徴製造業のエンジニア職に強い。派遣の求人もあり。
公式ホームページhttps://www.aegis-japan.co.jp/

アージスジャパンは中堅の転職エージェントですが、利用者の満足度が高いエージェントです。

関西圏の求人も多いので、東京以外の地域での仕事を探している人にもおすすめです。

紹介予定派遣の案件も扱っているので、キャリアに自信がないけれど、外資系企業で働いてみたい方は、派遣社員として働いたあとに正社員になるチャンスも。

未経験だが外資系企業で働きたい人は、ぜひアージスジャパンに相談してみてください。

アージスジャパンが強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
製造・研究開発・生産技術・品質管理
21%
管理部門
15%
営業・営業企画
13%
マーケティング
9%
IT・通信
9%
その他
34%
勤務地TOP3
東京
53%
大阪
18%
神奈川
14%
その他
15%

無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェント

外資系求人数約2000件
対応エリア東京、大阪以外の求人も多い
エージェントの特徴業界第一位のエージェント
公式ホームページhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界第一位の求人数を誇る、業界最大手の転職エージェント。

東京・神奈川・大阪以外の求人数が多いので、都心部以外の地域で仕事を探している方にはおすすめです。

ただ、外資系企業の求人数は、全体の求人数から見ると割合的には多くはありません。

また、求人の4割が「営業・販売」職種。

この職種以外の仕事を探している人には、あまりおすすめできません。

私の場合、リクルートエージェントに登録したら、外資系企業の求人案件を RGF というグループ会社から紹介されました。

リクルートエージェントが強い職種・業種、勤務地

求人案件の職種・業種
営業・販売
42%
エンジニア(機械・電気)
21%
SE・ITエンジニア
15%
クリエイティブ
7%
医療・医薬・化粧品
6%
その他
10%
勤務地TOP3
東京
44%
大阪
14%
神奈川
14%
その他
28%

無料登録後もお金はかかりません。

外資系転職で失敗しないために確認しておきたいこと

「外資系企業へ転職したけれど、思っていたイメージと違っていた…。」

外資系企業への転職に後悔しないよう、転職活動する前に次の3つを確認しておきましょう!

  • 外資系に向いているか
  • 英語力は大丈夫か
  • 自分の専門性を強みにできるか

① 外資系企業に向いている?

外資系企業は、「向いている人」にとっては働きやすい環境です

でも、必ずしもすべての人にとって働きやすい環境というわけではありません。

自分が外資系企業向きか判断するには、外資系企業に向いている人の6つの特徴【転職前にチェック】を参考にしてみてくださいね。

② 英語力はある?

多くの外資系企業では、「ビジネスレベルの語学力」を求めるところが多いです。

ただ、この「ビジネスレベル」は、会社によって異なります。

ネイティブ並みの英語力が必要な場合もあれば、ちょっとした日常会話ができれば十分な場合も。

求人に応募するときは、求められている英語力をチェックして、自分の英語力で問題ないか確認しておきましょう。

③ 自分の専門性は?

外資系企業では、どんな職種でも「プロフェッショナル」を求めています。

『自分の専門性』を明確にしておきましょう!

おわりに

この記事では、外資系企業への転職を考えている人に向けて、おすすめの転職エージェントを紹介しました。

外資系企業は、日本企業とカルチャーが異なりますが、新たな価値観や働き方に出会えます。

「英語を活かして働きたい」「年収アップさせたい」と思っている方は、定期的に外資系企業の求人をチェックしてみてくださいね!

Good Luck!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる