外資系への転職に強いエージェントおすすめ5選|求人数・特徴で比較

  • URLをコピーしました!

この記事では、日本企業・外資系企業の両方で働いた経験を持つ私が、オススメの転職エージェントを厳選して紹介します。

また、私自身の体験もふまえて、外資系企業へ初めて転職する方に向けて注意点もお伝えします。

現在外資系企業への転職を検討しているの参考になれば、うれしいです。

目次

外資系転職に強い、おすすめのエージェント5社

さっそく、外資系企業への転職に強いエージェントを5社紹介します。

どのエージェントも無料で利用できます。

外資系に転職したい人におすすめのエージェント5社

転職エージェント特徴求人数
エンワールドジャパン外資系・グローバルに特化。
英文履歴書の添削や英語面接対策をしてくれる。
約1,000件
JACリクルートメントハイクラス転職(管理職・マネジメント職)に強い。
外資系だけでなく、日系グローバル企業案件も多い。
約15,000件
ランスタッドオランダに本社を置く、世界最大級の転職エージェント。
外資系求人数も最大級。
約6,800件
Hays Japanイギリスに本社があるエージェント。
英語力を活かせる求人が多い。
約1,500件
アージスジャパン日系の転職エージェント。外資系求人も豊富。
利用者からのコンサルタントに対する評価が高い。
約5,000件

外資系初めての人にオススメ

初めて外資系企業への転職を検討している方は、まずはエンワールドジャパンに登録し、同時並行で英文履歴書の準備を進めてみてください。外資系転職が初めての方に向けて、英文履歴書の添削や面接対策をしてくれます。

日系・外資系両方気になる方は

大手日本企業か外資系大手企業、どちらも気になっている方は、JACリクルートメントに登録し、応募可能な求人があるか確認してみてください。年収800万以上のハイクラス求人が豊富です。

何となく転職に踏み切れない方は

外資系企業に興味はあるけれど踏み切れない方は、コンサルタントに対する評価が高いアージスジャパンに相談してみてください。機械系エンジニア職や、地方の外資系求人が多いのが特徴です。

転職エージェントのコンサルタントからのアドバイスやコメントを参考に、あなたにとってベストな会社を探していきましょう。

エンワールドジャパン

エンワールドジャパンは、初めて外資系企業への転職を考えている方におすすめのエージェントです。

IT系や製造業の求人が多いのが特徴です。

英文履歴書のチェックや、面接アドバイスなどサポートしてくれるので、初めて外資系企業に応募する方でも安心して転職活動ができます。

こんな方におすすめ
  • 初めて外資系企業への転職を考えている
  • 英文履歴書を書いたことがない
  • 外資系企業の面接を受けたことがない
  • 外資系企業でキャリアを積んでいきたい

詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にどうぞ。

\職務履歴書なしで簡単登録/

無料登録後もお金はかかりません。

JAC リクルートメント

JACリクルートメントは、年収800万円以上のハイクラス求人が多いエージェントです。

最低5~10年以上の実務経験がある管理職・マネジメント職を希望する人にオススメです。

経験が浅い人が応募できる求人は少ないので、20代の人にはあまりオススメできません。

こんな方におすすめ
  • 30代、40代で管理職、専門職の仕事を探している
  • 年収800万円以上を希望
  • グローバル展開する日系大手企業にも関心がある

詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

\ハイクラス転職 総合ランキング1位/

無料登録後もお金はかかりません。

アージスジャパン

アージスジャパンは、外資系・日系グローバル企業の転職に強いエージェントです。

アージスジャパンの強みは、利用者からの評価の高いコンサルタントが多いこと。「自分の強みが分からない」「転職はしたいが、外資系に向いているか分からない」など、不安を感じる方におすすめです。

外資にも日系企業にも強いエージェントなので、無理に外資をすすめることもなく、あなたの適性にあわせてお仕事を紹介してもらえます。

こんな方におすすめ
  • 外資系が向いているか、不安がある
  • やりたい仕事が明確ではなく、まずは相談に乗ってもらいたい
  • 日系企業でいい会社があれば、日系企業にも応募したい

詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

\信頼できるコンサルタントが多数在籍/

無料登録後もお金はかかりません。

ランスタッド

ランスタッドは、オランダに本社がある世界38ヶ国でサービス展開している外資系のエージェントです。

外資系の求人数が非常に多いので、他のエージェントでは自分の希望する職種が見つからない人は、利用してみてください。

こんな方におすすめ
  • 事務系の仕事を探している
  • 20代で経験が浅く、正社員以外でも仕事を探している
  • 他のエージェントで外資系の仕事が見つからなかった

詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

\職務履歴書なしで簡単登録/

無料登録後もお金はかかりません。

Hays Japan

Hays Japan は、イギリスに本社を置く外資系の転職エージェントです。留学経験のある方、帰国子女の方など、英語に自信のある人にオススメです。

20代で英語に自信がある方、これまでの実務経験を活かしグローバルで活躍したい30代の方におすすめです。

こんな方におすすめ
  • 英語が得意
  • 転職経験があり、転職活動の流れを理解している
  • 海外留学や海外生活が長く、外資系企業のみを希望

詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

\英語力を活かせる仕事が豊富/

無料登録後もお金はかかりません。

外資系に初めて転職する際の注意点

外資系企業に初めて転職する方に向けて、いくつか注意点をお伝えします。

外資系に向いているか

外資系企業と日本企業では、カルチャーがかなり異なります。

まずは「「外資系に向いてる人」ってどんな人?」を参考に、あなたが外資系向きかチェックしてみてください。

外資系に向いている人は、ざっと次のような人です。

  • やりたい仕事がハッキリしている
  • 実力で評価されたい
  • 裁量権を持って働きたい
  • 合理的な働き方をしたい
  • 海外の人と働いてみたい
  • 年収を上げたい

最近は『FIRE(早期リタイヤ)』を希望している方も多いですが、外資系企業は日本企業と比べると基本給が高いので、日本企業で働き続けるより早く FIRE できるのも魅力です。

自分の専門性とマッチするか

外資系企業では、「日本人でないとできない仕事」ができる人を求めています。

「日本人でないとできない」仕事とは、例えばこんな仕事です。

▼日本人でないとできない仕事

  • 日本企業に対する「日本語」での営業
  • 高い専門知識が必要な「日本語」でのテクニカルサポート
  • 日本人でないと難しい、高度な知識を求められる仕事(法律、会計など)

一方、以下のような仕事は日本人でなくてもできるので、外資系企業では求人が少ない傾向があります。

日本人でなくてもできる仕事

  • プログラミング
  • 比較的簡単な顧客サポート業務(コールセンター業務など)
  • (人件費の安い国にアウトソース可能な)比較的簡単な事務作業
  • データ分析
  • 組み立て、製造業務

プログラミングやデータ分析スキルの高い人は、むしろ「海外転職」をおすすめします。

未経験でも外資系に転職できる?

未経験で外資系企業に転職するのは非常に難しいです。なぜなら海外の企業では即戦力を求めるからです。

学歴はほとんど関係ありませんが、スキルや経験は問われます。

スキルと経験が十分になくても、派遣社員なら外資系企業で働くことは可能です。

「派遣社員で働く」と聞くと抵抗がある人もいるかもしれませんが、外資系企業では派遣社員として働きはじめ、その後社員になる人が結構います(私もその一人です。)

いきなり正社員を狙うのではなく、派遣社員としてスキルと経験を積み、数年後に正規雇用になるという道もありますので、興味がある方は外資系企業の求人が多い派遣会社も検討してみてください。

外資系に転職する際の注意点(年齢別)

ここからは、年齢別の注意点をお伝えします。

20代で外資系に転職する場合

外資系企業には『社員を教育する』というカルチャーがなく、即戦力を求めます。

よほどの大企業でない限り、新人教育はないと思っていた方がいいです(そのせいか、20代で外資系企業で働いている人は「外資系は厳しい」と言っている人が多いように感じます。)

外資系企業で正社員として働いている人の大半は、中途採用の30代~50代です。

スキルと経験が足りないと感じる方は、まずは数年間経験を積むキャリアプランを立ててみてください。

先ほど紹介した通り私はスキルと経験がなかったので、まずは派遣社員として働きました。

30代で外資系に転職する場合

外資系企業に転職するなら、30代がベストです。日本企業である程度経験も積みスキルもあるので、高年収を狙えます

アメリカ企業の年齢別平均年収を見ると、40代で年収のピークを迎えています。

30代~40代のうちに稼げるだけ稼ぐのがベスト。40代までに資産形成できれば、50代からは少しペースを落として働くことも可能です。

日本企業で働き続けていても、年収はなかなか上がりません。しかも、今30代の人が定年を迎える頃、退職金制度が残っているか怪しいです。

外資系で生きていくか、日系で生きていくか、30代で決めた方がいいかもしれません。「外資系で生きていく」と決めたら、とにかく30代のうちに年収をアップさせましょう。

40代で外資系に転職する場合

40代で日系企業から外資系企業に転職するのは、かなり勇気がいるかもしれません。

検討したいのは、次の点です。

40代で外資系に転職するときに考慮すべきこと

  • 今の会社で貰える退職金
  • 外資系企業に転職して狙える年収
  • 外資系の社風になじめるか
  • 何歳まで働く予定か
  • 返済すべきローン金額

今も「終身雇用」「年功序列」的な制度を持つ日本企業は多いです。定年まで働くのを前提に住宅ローンや教育ローンなどを組んでいる人は、外資系企業への転職は多少リスクがあるかもしれません。

外資系企業は年収が高いですが、業績不振などでレイオフもあり、突然仕事を失うリスクもあるからです。

会社のカルチャーも異なるので、馴染めないとつらいかもしれません。

ただ、私のように「外資向き」と感じる人や、閉鎖的な日本社会に息苦しさを感じている人には、外資系企業は向いていますから、一概に「外資はやめとけ」とも言えません。

転職に失敗しないために

以上、外資系企業に転職する際の注意点を紹介しましたが、最後にもう2点。

転職して年収は下げない

日本人は転職に慣れていないせいか、「転職しても年収が上がらない」ケースが少なくありません。

仕事に不満があって転職する場合でも、ポジティブな理由を見つけて戦略的に年収を上げましょう。

英語の勉強はやっておいた方がよい

この記事ではあまり触れませんでしたが、外資系企業といえば気になるのが「英語力」。

仕事内容によりますが、英語はある程度何とかなります。もちろん、外資系企業には帰国子女もいますし、英語が得意な猛者もいます。ただ、大多数は「それ以外」です。

私も「それ以外」に分類される人間です。「それ以外」の人々の多くは、英会話の練習をしています。

私は『ビズメイツ(Bizmates)』でビジネス英語を学びました。

おわりに

この記事では、外資系企業に転職するときの注意点とおすすめの転職エージェントを紹介しました。

転職エージェントはたくさんありますが、外資系企業の求人を探すときは、外資系の求人案件が多いエージェントを利用するようにしましょう。

あなたにとって理想の仕事が見つかりますように。

外資系企業への転職に強いエージェント

エンワールド

公式 https://www.enworld.com/

英語面接対策や英文履歴書を添削してくれる。外資系初めての人にオススメ。

JAC Recruitment

公式 https://www.jac-recruitment.jp/

年収800万以上のハイクラス求人を目指す人向け

ランスタッド

公式 https://www.randstad.co.jp/

外資系企業の正社員、派遣社員とも求人数豊富

Hays Japan

公式 https://www.hays.co.jp/

英語力に自信がある方におすすめ

アージスジャパン

公式 https://www.aegis-japan.co.jp/

信頼できるコンサルタント多数。関西圏の外資系求人にも強い


外資系転職の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次