【外資系企業で働く女性の特徴】外資系は女性にとって働きやすい?

  • URLをコピーしました!

外資系企業って、なんだかハードそうなイメージが…。
女性にとって働きやすい?

この記事では、このような疑問に答えます。

この記事で分かること

  • 外資系企業が女性にとって働きやすい理由
  • 外資系企業で働くなら、意識しておきたいこと
  • 外資系企業で働くのに、向いていない人とは?

日本企業で働いている方の中には、「外資系企業で働くのは、何となく怖い…」というイメージを持っている方もいるかもしれません。

私はかれこれ10年以上外資系企業で働いてきましたが、外資系企業は女性にとって働きやすい職場だと思っています。

この記事では、なぜ外資系企業は女性にとって働きやすいと感じるのか、その理由を紹介します。

外資系企業に転職しようか迷っている方の参考になれば、うれしいです。

目次

日本のジェンダーギャップは先進国で最低レベル

「そもそも論」から入りますが、日本は女性の社会進出が著しく遅れている国です。

内閣府男女共同参画局の記事によれば、日本の「ジェンダーギャップ指数」は世界156か国中120位
(参考:内閣府男女共同参画局「「共同参画」2021年5月号 」

「女性政治家の割合が低すぎ」「女性管理職の割合が低すぎ」などと言われていますが、このデータをみると、日本は女性がフェアに扱われない国、と言えるのではないかと思います。

「内閣府男女共同参画局」より引用

海外でも確かに男女格差はあります。でも、日本と比べたらはるかに男女平等の意識が浸透しています。

外資系企業で働いていて、「女性だから昇進できない」「女性だからチャンスが与えられない」「男性の補助的業務をやらされる」といった経験を、私個人はしたことがありません。

もちろん、外資系企業でも業界や業種によって、男性が多い職場、女性が多い職場はあります。

でも、「性別による差別を感じたか?」と言われたら、そういう記憶はないですね。

働きやすいかどうかは、性別の問題ではない

女性にとって、外資系企業は働きやすい?

上記でお伝えしたように、日本社会と比べると、海外の方が男女平等の意識が浸透しています。

「男女平等の意識が浸透している」ということはつまり、女性が働きやすいと感じる職場は、男性にとっても働きやすい職場ということです。

ご存じかも知れませんが、外資系企業は成果主義です。

性別関係なく、成果で評価されます。

女性にとってハードな仕事は、男性にとってもハード。

機会も平等に与えられるので、バリバリ仕事をしたい女性は、猛烈に働いています。

いろいろな職種がありますから、仕事がハードで辛いと思うなら、ハードでない仕事を選べばよいだけ。

マネージャー的な仕事をしたい人は、そういう職を選べばいいし、事務的な仕事がしたい人は、そういう仕事を選べばいい。

子育てに多く時間を使いたいときは、時短の仕事を選ぶ人もいます。

これは男性も同じです。男性だからといって、全員がバリバリ働きたいわけでもありません。

どんな働き方を幸せと感じるかは、人それぞれ。

自分がどういうライフスタイルを送りたいかによって、「働きやすい」の定義は変わってきます。

育児をしながら働くことができるか?

外資系企業では、育児をしながら働くことはできますか?

外資系企業でも、育児をしながら働くことはもちろん可能です。

外資系企業には、産休・育休を取りやすいカルチャーはあります。会社にもよりますが、私がいた会社では時短勤務も認められていたので、働き方については割と柔軟に対応してくれます。

どの国でも子育てしながら働いている女性社員はたくさんいますし、子育てに対する職場の理解は得やすいですよ。

ただ…。

日本社会では、働きながら育児をするのは楽なことではありません。

下記のデータを見てください。

これは内閣府男女共同参画局のコラム「生活時間の国際比較」という記事から抜粋した、各国の男女別生活時間比較です。

ピンク色の部分が有償労働時間で、青色が無償労働時間です。オレンジ色の線は、無償労働時間の男女比を表しています。(無償労働:日常の家事、買い物、世帯員のケアなど)

このグラフを見て分かることは、次のとおり。

  • 世界全体でみると、男性より女性の無償労働時間の方が長い
  • 日本人男性の無償労働時間は41分に対し、日本人女性の無償労働時間は224分。これは男性の5.5倍の数値。
  • 日本人男性の労働時間が、長すぎ。このグラフで最も長く働いているのは、日本人男性。

日本人男性は労働時間が長すぎるので、家事をする時間がほとんどありません。

であれば、誰が家事をするかというと…

女性?

外資系企業には、育児と仕事を両立しやすい環境があります。

夫か妻、どちらかが有償労働時間を減らし、無償労働時間を増やすことで育児負担は軽くなりますが、どうやりくりするか…。

育児しながら働くことができるかどうかは、家庭での役割分担に関わってくる部分が大きそうです。

「外資系企業は働きやすい」と感じた点

ここからは、私が「外資系企業は働きやすい」と感じた点を改めて紹介します。

成果主義

先ほどもお伝えしたとおり、外資系企業は『成果主義』です。

性別に関係なく評価されますから、女性だからといって「男性以上に頑張らないと」と思う必要もありません。

男女関係なく成果が求められますが、「成果で評価される」のは、当たり前といえば当たり前ですよね。

女性だからと気遣いされることもなく、サッパリしている

外資では、女性だからとヘンな気遣いもされず、ガンガン仕事をアサインされます。

この方が私には居心地が良かったので、働きやすかったです。

逆に、私が働いたことのある日本企業は女性社員が少なかったせいか、女性に優しく、明らかに男性に厳しかったです。

某部長の口調が、明らかに男性には厳しく、女性には優しかった(笑)

なので、そこから外資系企業に転職したとき、最初は「うわ、男女平等だ」と感じました。

でも、私にとってはやっぱり外資の方が居心地が良かったので、そのまま外資畑を歩きました。

飲みニケーションがない

飲み好きにとっては、飲みニュケーションがないのは寂しいかもしれませんが、外資系では飲みニケーションはほぼありません。

(ただ、コロナ以後、日本企業でも飲みニュケーションはかなり減ったと思いますが。)

「飲みニュケーション」と「タバコ部屋」というのは、男性コミュニティを作りやすいですが、外資系企業にはそういったものがない分、男性コミュニティが日本企業ほど強くないと感じます。

柔軟な働き方ができる

外資系では柔軟な働き方ができるのも、働きやすい点の一つです。

在宅勤務制度は、コロナ前からありましたし、週5日ずっと家で仕事をしている人もいました。

また、子育て中の社員は時短勤務をしていたり、週5自宅勤務にする人もいました。日本人の男性社員も、子供の行事や病院の付き添いなどで、早退する人がザラでした。

とにかく結果さえ出してくれれば、割と自由に働かせてくれるのが、外資のいいところだと思います。

「外資系企業に向いていない」人とは

一方、こういう人は外資系企業に向いていません。

「男は外で働き、女は家庭を守る」ものだと思っている人

何度もお伝えしているとおり、欧米諸国では男女平等の価値観が浸透しています。

「男は外、女は家庭」といった価値観を持っている人にとっては、外資系企業で働く人々と価値観と合わないので、働きにくいと思います。

専門性がない人

外資系企業で働く場合は、何かしらの専門性がないと働き続けるのが難しいです。

日本企業のように「会社が社員を育てる」というカルチャーではないので、即戦力として働ける専門性やスキルがないと働けません。

と、脅しのようなことを書きましたが、『専門性』といっても、数年働いていたら、だれしも何かしらの専門性は兼ね備えていますので、ご安心ください。

日本では「一般職」「総合職」「事務職」「技術職」といった名称を使いますが、これだと何の専門性があるのか全く分かりませんよね。

でも、業務を言語化すれば、専門性は見えてきます。

ちなみに外資系企業の求人では、「一般事務」的な仕事でも「〇〇 Specialist」といったポジション名で載っていることが多いです。

「Specialist」と書かれると、少しビビってしまうかもしれませんが、外資系企業のポジション名は、結構「盛っている」表現が多いので、あまり気にすることはありません。

自分にどんな専門性が備わっているのか分からない場合は、転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。

英語にまったく興味がない人

外資系企業で働くとなると、多かれ少なかれ、英語に触れる機会が多くなります。

英語に興味がないと、外資系企業で働き続けるのは難しいです。

ただ、英語不要のポジションもたくさんあるので(国内営業など)、英語が苦手な人も意外といます。

「ネイティブ並みの英語力」を求められる仕事につかないようにすれば、英語が苦手でも十分やっていけます。

外資系に向いているかどうかは、「外資系企業に向いている人の6つの特徴【転職前にチェック】」の記事で詳しく書いていますので、よければ参考にしてみてください。

企業ごとの「働きやすさ」を詳しく知りたいとき

企業ごとの「女性の働きやすさ」を詳しく知りたいときは、次の2つの方法があります。

口コミサイトを利用する

応募する前に「転職会議」など口コミサイトでチェックしておくといいかもしれません。

「女性の働きやすさ」についてリアルな声が載っているので、参考になると思います。

「口コミサイトは、結構当たっている…」というのが、私の実感です。

ただ、退職者による書き込みが多く、正直いってネガティブな情報も多いので、こればかり見ていると入社意欲が失せます(笑)

どんな会社でも、いい面もあれば、悪い面もありますから、ある程度「割り切って」見るといいかな、と思います。

転職エージェントに聞いてみる

もう一つは、転職エージェントに聞いてみる方法です。

企業には直接聞けないようなこともエージェントだったら聞くことができたり、ネットには載っていない情報を教えてもらえたりするので、私は転職するときは毎回使っていました。

以下は、私が実際に利用したことのあるエージェントです。

エージェント特徴
エンワールド・ジャパン日系のエージェント。英語面接対策、英文履歴書添削など相談
ランスタッドオランダに本社を置くエージェント。正社員、派遣社員とも求人数豊富
Hays Japan英国に本社を置くエージェント。外資志向の強い方向けにおすすめ
JAC Recruitment日系のエージェント。国内外の年収800万以上のハイクラス求人多い

転職エージェント経由でその企業に転職している方が何名かいるので、「働きやすさ」についてのリアルな声を教えてもらえるのもメリットです。

一旦入社するとなかなかやめられないですから、転職の失敗を避けるためにも、入社前に得られる情報は一つでも多く収集しておきましょう。

おわりに

この記事では、外資系企業での女性の働き方を紹介しました。

いかがでしたでしょうか、外資系企業は働きやすそうだと感じますか?

もし「外資系の方が働きやすそう」だと感じたら、チャレンジしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる