中国語の四声とは?|声調の覚え方【イメージで覚えよう】

  • URLをコピーしました!

中国語の勉強を始めると、最初に習うのが四声

中国語のアクセントみたいなものです。

ただ、この四声が厄介!

正しい声調で発音しないと、単語の意味がガラッと変わってしまいます。

私もいまだに間違えることがあり、中国語の先生に指摘され、その都度修正しながら話しています…。

私もいまだに間違えることがありますが、多くの単語を使ってある程度話せるようになりました。

今回は私の体験をもとに、声調の覚え方を紹介したいと思います。

目次

声調の覚え方

まずは、4つの声調について改めて紹介しますね。

第一声

第一声は、「はーい」という感じで、高めの声をそのまま維持するイメージで発音すれば OK です。

沙拉 (サラダ)
shālā [第一声+第一声]

第二声

第二声は、日本語で「えぇ?」と驚くときの声と同じです。

語尾を上げればOKです。

读书(読書する)
dúshū [第二声+第一声]

第三声

第三声は、ヤンキーが「はぁ?」というときのように、一旦下げてから上げる感じで発音すればOKです。

第三声を単体で発音練習するとき、顎が発音と同時にUの字を描くように動いてしまう人も。

顎が動いても、覚えられればヨシです。

买单(お会計をする)
mǎidān [第三声+第一声]

第四声

第四声は、「はぁ…」と深いため息をつくイメージです。

ポイントは、深めにため息をつくこと。

豆腐 (豆腐)
dòufu [第四声+軽声]

軽声

上記の「豆腐」の「ふ」の発音には、四声がありません。

このような固有の声調がないものを「軽声」といいます。

字のとおり「軽め」に、短く発音すればOKです

  • 萝卜 luóbo (大根)
  • 葡萄 pútao (ブドウ)
  • 消息 xiāoxi (ニュース)

音読することで、声調は自然と覚えられる

四声の覚え方ですが、私はこんな感じで覚えてきました。

①単語を覚えるときに、四声もメモ

単語を覚えるときに、簡体字の漢字とピンイン(四声)を一緒に書いて覚えるようにしました。

もちろん、書いただけでは覚えられないのですが、とりあえず一応頭にインプットします。

②文単位で音読

次に、その単語が入った文章を一文まるごと読む練習をしました。

つっかえないでスラスラ読めるように練習します。

「スラスラ読めるようになる」ということは、「四声も覚えている」ということになります。

単語単位で覚えるよりも、文章を音読する方が自然に覚えられます。

あまり神経質に、「この漢字の四声は第〇声で、次の漢字は第〇声で…」と考えながらやっていくと、気が滅入ってきます。

そこまで神経質にならず、「だいたいこんなアクセントかな」くらいの気持ちで取り組む方がよいかと思います。

自転車と一緒で、何度もその単語を使っていると自然と身に付きます。

今すぐ覚えられなくても、そんなに心配しなくて大丈夫です。

練習方法

四声が正しく発音できているか確認する方法は、次の2つです。

① 音声に合わせて、ひたすら音読

音声に合わせてひたすら音読し、同じように読めるようになるまで練習します。

音声データの会話スピードが速すぎると感じるときは、音声再生ツールで速度を少し遅くしてみてください。

Windows Media Player で mp3 を再生している場合は、画面右下のボタンをクリックした後に「拡張設定」>「再生速度の設定」をクリックすると、速度を調整できます。

② 中国人と会話する

もう一つの方法は、ネイティブと会話することです。

自分の話している中国語が伝わっているなら、あなたの発音は正しいということになりますが、通じなければ「正しくない」ということになります。

知らない人にいきなり話しかけるのは勇気がいるので、中国語の先生や中国人の友人に聞いてもらうのが無難です。

おわりに

この記事では、中国語の四声の覚え方と練習方法について紹介しました。

最初のうちは全然覚えられなくて、「このままで大丈夫か、自分?」と凹みましたが、それでも上記の方法で練習を繰り返し、それなりに会話できるようになりました。

中国語上級者でも四声を間違えて、ネイティブに突っ込まれていることもありますから、神経質にならず、自分のペースでコツコツ練習してみてくださいね!


中国語を本格的に勉強してみたい人は、下記の記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる