「杏仁豆腐」は中国語で何と発音する?|中国で一度も見かけなかった謎のデザート

  • URLをコピーしました!

中華デザートの定番、杏仁豆腐。

「杏仁豆腐を知らない人はいないのでは?」と思うほど、超有名ですよね。

しかし、「杏仁豆腐」を中国語で何て発音するのかは、意外と知られていないと思います。

今回の記事では、次のことを紹介します。

この記事で学べること
  • 「杏仁豆腐」の中国語の発音
  • 実は「中国で杏仁豆腐を見かけたことがない⁉」話
目次

「杏仁豆腐」を中国語で発音すると

杏仁豆腐は、中国語では「しんれんどうふ」と読みます。

杏仁豆腐

杏仁豆腐

Xìngrén dòufu

Wikipedia によると、「杏仁」という字は

  • 漢方薬の薬味として使うときは「きょうにん」
  • 菓子などに使うときは「あんにん」

と発音するそうです。

ちなみに「杏仁」とは、アンズの種子の中にある仁(さね)を取り出したものだそうです。

「杏仁豆腐」は中国では見かけなかった

杏仁豆腐については、一つ気になっていたことが。

「中華料理のデザートの定番」という割には、

私が留学していたときも、出張に行った時も、

杏仁豆腐、中国で見かけたことないんですよね…。

杏仁豆腐は本当に中華料理なのか、またしても Wikipedia さんに聞いてみました。

杏仁豆腐の歴史

参考:Wikipedia『杏仁豆腐

杏仁豆腐の起源は、中国・三国時代(220–280年)まで遡ります。

当時、董奉(とうほう)という名医がいて、「治療費はいらないから、病気が治ったらあんずの木を植えてね」と言い、数年後には立派な杏林ができました。

その名医は、貧しい人や旅人に対して

「あんずが欲しいなら、穀物と引き換えに、穀物と同じ量の杏を持っていってもいいですよ」と杏を提供。

時にはルールを破り、杏を多く持ち帰る「アンズ泥棒」もいましたが、アンズ林には虎がいて、泥棒は虎に嚙み殺されていました。

でも、泥棒の家族がこの名医に謝罪すると、なぜか泥棒は息を吹き返すらしく…。

ミラクルです。

そういうわけで、「杏林」という言葉は「高尚な名医」の代名詞となったわけです。

医学部がある『杏林大学』の名前の由来は、ここから来ています。

(参考:杏林大学ホームページ「杏林の由来」)

ちなみに杏の種には肺と腸を潤す働きがあり、お薬として使われていましたが、とにかく苦い。

「甘さを加えたり、牛乳を入れたりしたら美味しくなるんじゃない?」

そうしてできたのが、杏仁豆腐。

薬膳デザートとして広まり、清朝では皇帝などが食したそうです。

なぜか日本でブレイク

日本で杏仁豆腐が知られるようになったのは、大正時代あたりから。

1970年代には、日本中で広く知られるようになりました。

ちなみに『中国の杏仁豆腐』と『日本の杏仁豆腐』は、少し違うようです。

中国の杏仁豆腐は、

「杏仁」を細かく砕き、さらにすりつぶして搾り取った白い汁を寒天で冷やし固めてから、菱形に切り、甘いシロップに浮かせたもの。

日本の杏仁豆腐は、

牛乳寒天を元に果物を混ぜ込んでフルーツポンチ風に華やかにしたものが多い。

私は、「杏仁豆腐とは牛乳寒天のこと」だと思い込んでいました…。

中国では見かけない、謎のデザート「杏仁豆腐」

最初にお話ししたとおり、私は中国で杏仁豆腐を見かけたことがないんですよね…。

私だけかと思って調べてみたら、Yahoo 知恵袋にもこのようなコメントが。

この前、中国人と中華料理の話しをしていたとき、中国の杏仁豆腐は美味しいんでしょうね、などと話してたら、中国人はめったに杏仁豆腐なんか食べないよ、と言っていた

確かに、日本人が思うほど食べません。コース料理の最後についてきたりなんかも絶対しないし(笑)。とうか一般的に見かけたことはほとんどありませんでした。台湾式や香港式のデザートショップ(現地では概ね、お洒落で高級)で扱っているのを見たぐらいですよ。

やっぱりそうか…。

本場中国の「百度知道」で調べてみたら、こんなコメントを発見。

杏仁豆腐 原产不是日本吧?不过好像日本吃的人很多

(杏仁豆腐の原産地は日本じゃないですよね?でも、日本で杏仁豆腐を食べてる人、やたらと多いですが…。)

使中国的
粤菜里边经常有,华北华中也有,但是吃的人少,广东和香港的名菜,
日本的了杏仁豆腐是广东人传过去的
日本人喜欢甜甜的东西,所以杏仁豆腐在日本很流行

中国の食べものです。
広東料理はもちろん、中国北部や中部でもよく見かけますが、あまり食べられていませんね。広東省や香港で有名です。
日本の杏仁豆腐は広東人が伝えたものです。
日本人は甘いものが好きなので、杏仁豆腐は日本でとても人気があるんですよ。

やはり、中国では杏仁豆腐は有名じゃなさそうです。

それにしても、日本で、なんでこんなにも杏仁豆腐がメジャーになったのか…。

不思議です。

「杏仁」は「アーモンド」とも訳されている

「杏仁」は、先ほど「杏の種」だと紹介しましたが、辞書で調べると「アーモンド」と書いてあります。

「杏の種」と「アーモンド」は全く別物ですが、非常に見た目が似ていたり、いろいろややこしい歴史があって、呼び名がぐちゃぐちゃになってしまったようです。

どうやら、

  • 「巴旦木」「扁桃」「美国杏仁」は、アーモンド
  • 「杏仁」は、杏の種

を表すようです。

おわりに

今回は、『杏仁豆腐の中国語での発音』と『日本での杏仁豆腐流行の謎』を紹介しました。

なぜこれほど日本で杏仁豆腐が流行しているのか、本当に不思議です。

私は中国で一度も、杏仁豆腐を見かけたことがありません。

もし中国の方とお話しする機会があったら、ぜひ杏仁豆腐について聞いてみてくださいね。


中国語を本格的に勉強してみたい人は、下記の記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次