YouTubeを使って中国語を勉強する方法【初級~中級者向け】

  • URLをコピーしました!

YouTube を使った中国語勉強法を教えてください。

この記事では、このようなお悩みに答えます。

この記事の内容
  • YouTubeを使って、中国語の勉強をする方法
  • 動画を選ぶときの注意点

昔と比べると、中国語の YouTube は爆増。

中国に行かなくても、中国のテレビ番組や中国人の動画を楽しむことができる時代です。

中国語を勉強したい人は、YouTube を使わない手はありません!

この記事では、実際に私もやっている YouTube で中国語の勉強をする方法を紹介します。

リスニング・語彙力アップに効果的です。

動画を使って、楽しく勉強していきましょう♪

目次

YouTubeを使って勉強する方法

ではさっそく、YouTube 動画で中国語を勉強する方法を紹介します。

私はこの方法で、多くの中国語YouTube番組を視聴してきました。

教科書と違って自分の関心のある内容で勉強できるので、楽しく学べますよ。

面白そうな番組を探せるかが、ポイントです。

YouTubeで中国語を勉強する手順

  1. ノートとペンを準備する
  2. YouTube 動画を選ぶ
  3. 視聴しながら、気になる単語をメモする
  4. 単語の意味を調べる
  5. もう一度、動画を視聴する

ノートとペンを準備する

まずは、ノートとペンを用意してください。

YouTube 動画を選ぶ

次に、自分が興味を持てそうな中国語の番組を探します。

動画を探す手順

  1. 自分の興味のあるものを書きだす(例:回鍋肉 作り方)
  2. Google 翻訳で中国語を調べる(例:怎么做回锅肉)
  3. YouTube の検索欄に、中国語の単語を入れる
  4. 検索結果から、興味の持てそうな中国語の動画を探す

中国語動画を探すときのポイント

検索結果に多くの動画が出てくると思いますが、次の点を意識して動画を選んでみてください。

「中国語簡体字」の字幕があるものを選ぶ

中国語の動画には、字幕があるもの、ないものがあります。

中国語学習に向いているのは「字幕があるもの」です。

字幕があったとしても、『簡体字』が使われている動画を探すようにしましょう。

台湾の動画は字幕が『繁体字』になっていますので、注意してください。

動画の長さは「4分未満」がよい

動画の長さは、4分未満のものを選ぶようにしてください。

あまりにも長いと、動画を最後まで見るのに時間がかかる上、不明な単語数も増えてしまうからです。

YouTube の [フィルタ] を使って、「4分未満」を選んでみてください。

YouTube の [フィルタ] 設定

YouTube の「フィルタ」設定

視聴する

動画を決めたら、視聴しましょう。

気になる単語が出てきたら、その都度動画をストップさせて、ノートに中国語の単語を書き写してください。

ただし、全部の単語を写しとると時間がかかるので、「何となく気になった単語だけ」でよいです。

最初のうちは、4分未満の動画で10~20単語をピックアップするくらいのつもりで、単語を抜き出してみてください。

単語の意味を調べる

動画の視聴が終わり、10~20単語程度をメモできたら、それらの単語の意味を調べます。

最初のうちはほぼ「手書き入力」で調べることになるかもしれません。

単語の調べ方は、下記の記事を参考にしてください。

単語を調べるときは、次の3つをノートに書いていきましょう。

  • 中国語の単語
  • ピンイン
  • 単語の意味

再度、動画を視聴する

気になる単語の意味とピンインが分かったところで、もう一度動画を視聴します。

気になる単語が聞き取れるようになっているのではないでしょうか。

4分程度の動画なら、再度動画を視聴するのもそこまで負担になりません。

長すぎる動画を選んでしまうと、もう一度見るのがイヤになるので、4分未満の動画が無難です。

YouTubeを使って勉強するときの注意点

動画を見るときは、次の点に注意してください。

全部聞き取ろうとしない

正直なところ、初心者のうちは、ほとんど聞き取れないと思います。

ただ、10個でも20個でも新しい単語に触れることで、着実に脳に中国語がインプットされていきます。

最初から「全部聞き取ろう!」と欲張らず、興味のある動画の中で10~20個程度の単語を知ることを目標に、楽しく続けてみてください。

ノートは丁寧に作らなくてもいい

ノートはそんなに丁寧に作らなくてもいいです。

私は、書きなぐり状態でひたすら書いていたので、「単語まとめ帳」のようなものは作っておらず…。

覚えようとしなくてもいい

動画を見ていると、膨大に「新出単語」が出てきます。

全部覚えたいところですが、実際にはこんなにたくさんの単語を覚えるのは不可能です。

個人的には、それらの進出単語を毎回しっかり覚えようとはせず、ひたすら自分の脳にインプットしていくだけで十分かと思います。

動画をあれこれ見ていると、「見覚えがあるけれど、忘れてしまった単語」に遭遇します。

「忘れたら、その時また調べればいいかな」くらいのノリでやる方が、ストレスがありません。

頭にとにかく詰め込んでいく

動画を見ていると、とにかく大量の単語が出てきます。

「中国語のシャワー」を浴びているような感覚です。

動画を見ることで、あなたの脳に中国語の単語を詰め込んでいきましょう。

脳科学者ではないので脳の仕組みは分かりませんが、語学は脳に大量にインプットさせていくと、いい感じで脳内で整理され、中国語脳が形成される感じがしています。

自分の興味のある内容であるほど、頭に入ってきやすいです。

あなたが楽しめる動画を見つけて、ぜひ試してみてくださいね!

辞書で調べても単語が見つからないとき

中国語の辞書サイト・アプリで、あなたが調べたい単語が出てこない場合があります。

単語が出てこない理由として考えられるのは、次のとおりです。

流行語は辞書に載っていない

中国は流行語が多いです。

中国語の動画(特にバラエティ番組)では、流行語が多く使われています。

しかし、流行語は辞書に載っていないことがほとんどです。

写した字が間違っている

中国語の簡体字の中には、見慣れないものもあります。

スラスラと書きとったものの、自分で書いた漢字が間違っている場合もあります。

いくら「手書き入力」で調べても漢字が出てこないときは、自分の漢字が正しいか、再度動画をチェックしてみてください。

単語の区切りが間違っている

中国語の文章は、当然ながら全部漢字。

中国語初心者の場合、どこからどこまでが一つの単語なのか分からないことも。

単語の抜き出し方が間違っていると、いくら調べても辞書で出てきません。

その場合は漢字1文字単位で調べていき、正しい単語を推測してみてください。

Google検索でも調べてみる (中級者以上)

流行語以外でも、辞書に載っていない単語は意外とあります。

その場合は、Google翻訳で検索してみてください。

いつも使っている辞書には登録されていないが、別の辞書サイトに登録されている場合もあります。

初級レベルの単語であれば、辞書に必ず載っています。

百度で調べる(中級者以上)

Google翻訳で検索しても見つからないときは、中国の検索サイトでも検索してみてください。(バイドゥなど)

(検索結果はすべて中国語なので、これは中級以上の方向けです。)

百度(バイドゥ)公式ホームページ:https://www.baidu.com/

ネイティブに聞く

ネットでいくら調べても見つからないときは、「ネイティブに聞く」という方法もあります。

中国人の知り合いや、中国語教室の先生に聞いてみてください。

あきらめる

いくら調べても分からないときは、「あきらめる」という方法もあります。

意味が分からなくてモヤモヤしますが、その一語の意味を調べるのに多大な労力をかけるよりも、それ以外の新出単語に時間を使う方が合理的です。

気持ちを切り替えて、次の単語の意味調べを進めましょう。

おわりに

この記事では、YouTube を使って中国語を学習する方法を紹介しました。

YouTube 学習のメリットは、次のとおり。

  • 楽しく勉強ができる
  • リスニング力がつく
  • 語彙力がアップする
  • 無料で勉強できる
  • いつでもできる

教科書を使った勉強は、そんなに面白いものではありませんよね。

教科書を使った『お堅い勉強』と並行して、今回紹介した『YouTube学習』を取り入れて、楽しく中国語の勉強を続けていきましょう!


中国語を本格的に勉強してみたい人は、下記の記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次