中国語検定準4級に独学で合格するには(難易度:易しい)

  • URLをコピーしました!

中国語検定準4級を受けてみようと思うんだけど、どうやって勉強したらよいんだろう…?

多くの中国語学習者がチャレンジする検定試験が「中国語検定」。

「入門」レベルに相当するのが「準4級」です。

難易度でいうと『易しい』レベルに入りますので、コツコツと勉強をすれば独学でも合格できます

以下、準4級に合格するためのロードマップを紹介します。

下記の記事を参考に、合格に向けた学習計画を作ってみてくださいね!

目次

試験概要

試験は年に3回あります。合格率はだいたい70~80%です。

当然のことながら、勉強しないと合格できません

でも、そこまで難易度は高くはないので、一通り勉強をすれば合格できます。

試験日3月 第4日曜日(申込期間:1/15 ~ 2/15)
6月 第4日曜日(申込期間:4/15 ~ 5/15)
11月 第4日曜日(申込期間:9/15 ~ 10/15)
受験料3,500円(税込)
必要な学習時間60~120時間
試験内容・リスニング(選択式)
・筆記(選択式・記述式)基礎単語約500語による発音(ピンイン表記)と単語の意味
日常挨拶語約50~80による語句・単文の中国語訳
合格点リスニング・筆記100点満点中、60点以上で合格
合格率70~80%

最新の情報は、日本中国語検定協会公式HPをご確認ください。

独学で合格までにかかる費用

独学で勉強した場合、合格までにかかる費用は約12,000円です。

受験料3,500円 (準4級)
参考書、問題集代4冊(入門書1冊、単語集1冊、問題集1冊、過去問1冊)

1冊2,000程度。参考書と問題集であわせて約8,000円

合計約12,000円

準4級合格のために必要なもの

合格するのに必要なものは、以下の4つです。

必要なもの
  • 60~120時間程度の勉強時間
  • 中国語の入門書
  • 準4級の参考書・単語集・問題集
  • 辞書ツール(Google翻訳、WeblioでOK)

単語、文法、リスニングの学習方法

中国語検定に合格するには、次の3つの学習が必要になります。

  • 単語
  • 文法
  • リスニング(ピンイン、発音)

準4級の『単語』を覚える

準4級で出てくる単語は『改訂版キクタン中国語【入門編】』(アルク、定価1,980円)を1冊やれば十分です。

合計588語ありますので、1日12語ずつ学習していけば7週間で終わります

復習したり、スケジュール通りに進まない時もあるので、多めに見積もっておきましょう!

中国語の単語を覚えるときは、この3つをセットで覚えていきましょう。

  • 簡体字の漢字(日本語とほぼ同じに見える漢字もあるので、要注意)
  • 単語の意味
  • ピンイン(これ、中国語では非常に重要です)

音声を聴いて、その単語の簡体字(中国の漢字)とピンインを書いて覚えていくのがおすすめです。

準4級の『文法』を学ぶ

初めて中国語を勉強する人は、まずは入門書で中国語の文法を学習してみるのをおすすめします。

私のおすすめは『チャレンジ! 中国語 入門編』(税込1,980円)です。

短期間で準4級の試験に臨むなら、上記の本を一通りやった後に、『改訂版 合格奪取!中国語検定準4級トレーニングブック』(アスク出版、定価1,760円)にチャレンジしてみましょう。

難しく感じるかもしれませんが、中検の試験はこの手の内容が出題されますので、慣れるしかありません。

準4級のリスニングで必ず出るのが「正しいピンインはどれか」問題。

「こんなもの分かるか!」と発狂したくなるかもしれませんが、おそらく皆、発狂していると思います。

ブツブツ心の中で文句を言いながら、がんばっていきましょう。

準4級の『リスニング』対策をするには

まずは『キクタン』の音声を聞いて、単語の発音を覚えましょう。

時間的余裕があれば、下記もやってみてください。

  • 『合格奪取! 中国語検定 準4級 トレーニングブック』の音声を何度も聞く
  • 過去問題集のリスニング問題を何度も解く

独学での勉強方法

1日1時間やるようにしよう

一日何時間やればいいですか?

合格に必要な学習時間は60~120時間と言われています。

120時間勉強すると仮定して、1日1時間勉強するとしたら、約4カ月間勉強が必要です。

遅くとも試験の4カ月前から本格的に勉強を始めないと、ですね。

単語はとにかく紙に書いて覚えよう

中国語の漢字(簡体字)は、日本の漢字とかなり異なります。

私は、小学校の時の漢字練習と同じ要領で、とにかく書いて、書いて、慣れるようにしました。

小中学校の漢字練習と同じで、慣れてくると、毎回そこまで練習しなくても書けるようになってきますよ。

ピンインも書いて覚えよう

漢字を書いて練習するとき、一緒にピンインも書いていきましょう。

ピンインを覚える作業は結構苦痛かもしれませんが、いわゆる「漢字の読み」です。

漢字と「読み」はセットで覚えるに限ります。

準4級ではピンインを問う問題が出ますので、ピンインの暗記は必須です。

リスニングはひたすら聞いて慣れるしかない

リスニングは、とにかく聞いて慣れるしかありません。

独学の辛いところは、「発音の仕方」をネイティブから教わることができない点です。

今回紹介した教材に付属の音声データと解説を参考に、発音の練習をしてみてください。

練習をしていくうちに、発音の違いが何となく分かるようになります。

正直、中国語の発音は英語より難しいと思います。

でも、学習を続けていくうちに、聞き取れる量がじわじわ増えてきますので、くじけないでコツコツやっていきましょう!

ただ、どうしても発音の違いが聞き取れない場合、最終的にはやはりネイティブから教わるしかありません。

まずは自力でやれるところまで頑張ってみてください。

不明点があるときは

他の参考書、インターネットで調べる

分からないことは出てくると思いますが、独学の場合は自力で解決するしかありません。

他の参考書で詳しく書いていないか、確認してみましょう。

インターネットで調べるときは、中国語で入力する必要があるかもしれません。

中国語の漢字を入力する場合、初心者の方は「手書き入力」を使うと便利ですよ。

また、下記の記事でも「分からない単語を調べる方法」を載せています。

オンラインレッスンを利用する

どうしても解決できないときは、オンラインレッスンを利用するという方法もあります。

気軽に始めるなら、1レッスン2,000円程度で入学金・教材費無料の『産経オンライン英会話Plus』などを利用してもいいかもしれません。

ネイティブから習うことで、リスニング力は格段に上がりますよ。

その他のスクールについては下記で紹介していますので、よければ参考にどうぞ。

中検準4級受験者におすすめの動画

勉強に疲れたときは、YouTube も観たりして、適度に息抜きしてくださいね。

中国語が全く初めての人には、こちらの動画シリーズがおすすめです。

準4級で出題される単語が多く盛り込まれているので、参考になります。

過去問題集を解く

一通り単語帳と参考書を勉強したら、いよいよ過去問にチャレンジです。

【重要】過去問は必ず過去3回分解く

試験に合格するためには、必ず過去問をやりましょう!

過去問をやるかやらないかで、合格率は大きく変わります。

合格点は60点ですが、過去問で90点取れるようになるまで、繰り返し過去問をやりましょう。

過去問は中国語検定協会のホームページで閲覧できます(無料)。

過去問題URL: http://www.chuken.gr.jp/tcp/test.html

過去問題集は何度もやるので、書き込みはせず、ノートを作ってノートに書くようにしましょう。

デジタルノートを作るときは、個人的には OneNote がオススメです。

(アップルペンシルのようなスタイラスペンがあれば、超簡単に作れます。テキストに直接書き込みしたい人にオススメ。)

学習計画を作るときに役立つツール

勉強を始める前に、必ず学習計画表を作りましょう。

勉強をコツコツ進めるには、学習計画を立てるのは必須です。

アナログ派の方は、こういうノートを使うのもオススメです。

『Campus Study Planner』

「進捗をデジタルで管理したい」人には、Notion をおすすめします(無料)。

独学で一番重要なのは、モチベーション維持!!

最後に。

長々と書いてきましたが、ぜひ3カ月、勉強を続けてみてください!

語学は3ヶ月目に挫折する人が多いです。

3カ月続けられたら、半年、一年と中国語を続けられる可能性がグッと上がります。

2ヶ月目に入って「しんどいな」と感じ始めたら、そこからがある意味「スタート」です。

「魔の3ヶ月目」を乗り越えて、中検準4級合格を勝ち取ってくださいね!!

おわりに:コツコツやれば、独学で合格できる

今回は、中国語検定準4級に合格するためのロードマップを紹介しました。

準4級の試験は、独学でも合格できます。

今回の記事を参考に、ぜひ準4級にチャレンジしてみてくださいね。

加油~!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる