CCレッスンを受けて感じたメリット・デメリット 【結論:初心者には難しめ】

  • URLをコピーしました!

中国語のオンラインスクール「CCレッスン」は、どんなスクール?

CCレッスンは、格安で受けられる中国語のオンラインスクールとして有名です。

格安で受けられるなら、利用してみたいですよね。

この記事では、実際にCCレッスンを利用したことがある私が、『CCレッスン』のレッスンや、メリット・デメリットを紹介します。

結論を最初にお伝えすると、CCレッスンは中国語の初心者の方には難しめです。

その理由を下記で紹介していますので、ぜひご覧ください。

目次

CCレッスンについて

CCレッスンは、レッスン数・講師数No.1を誇る中国語のオンラインスクールです。

以下、簡単にスクールの概要を紹介しますね。

スクールの概要

受講可能時間帯6:00~00:30
講師中国在住の中国人ネイティブ講師
通話ツールSkype、WeChat
1レッスンの時間25分
レッスンキャンセルする場合レッスン開始より30分以上前まで、キャンセル可能

料金

CCレッスンの最大の魅力は、「料金がとにかく安い!」こと。

一体これで利益が出るのかと、余計なことを思ってしまうほどです…。

料金プランは、「毎日プラン」「平日プラン」「週末プラン」から選べます。

各プランの1レッスン(25分)あたりの金額は、以下のとおり。

1レッスンあたりで一番安いのは「毎日100分プラン」の193円。

ただ、現実的には、1日の学習時間が「25分」のプランを選ぶ人が多いのではないかと思います。

毎日プラン

レッスンプラン月額料金1レッスンあたりの価格
毎日25分プラン8,900円287円
毎日50分プラン13,900円224円
毎日75分プラン19,900円214円
毎日100分プラン23,900円193円

平日プラン(月・火・水・木・金)

レッスンプラン月額料金1レッスンあたりの価格
平日25分プラン7,500円326円
平日25分プラン11,500円250円

週末プラン(金・土・日)

レッスンプラン月額料金1レッスンあたりの価格
週末25分プラン5,200円347円
週末50分プラン8,200円273円

CCレッスンを選んだ理由

ここでは、「私がなぜCCレッスンを利用したのか」その理由を紹介します。

初期費用不要かつ、レッスン料金が格安

何といってもレッスン料金が安かったからです(笑)

私が申し込んだのは「平日25分プラン」でした。

講師数が多く、授業が受けられないということがない

講師数最大をウリにしているのも、メリットだと思いました。

講師数が多ければ、毎日プランを選んでも「授業が受けられない」ということはないと思ったので…。

ただ、人気の先生は埋まっていることが多かったですね。

予約が取りやすいお気に入りの先生を何人か見つけて、同じ先生から習うようにしました。

レッスンに期待したこと

CCレッスンでは『会話力を鍛えよう』と思っていました。

仕事でもプライベートでも、中国語を話す機会が全然なくて、せっかく勉強したのに忘れてしまうのは勿体ないと思ったからです。

語学力をキープするには、毎日少しでも中国語を話すのが重要。

CCレッスンなら、格安で毎日中国語を話せるので、私にはピッタリ。

(すでに文法や発音の基礎は習っていたので、基礎中国語を習うつもりはありませんでした。)

使用した教材

私が使用したのは『漢語口語習慣用語教程』というテキストです。

このテキストは、CCレッスンの教材ページから購入できます。

ちなみに、CCレッスンで利用できるテキストは限られているので、購入する際はご注意ください。

講師側にてテキストを用意ができない場合もございますのであらかじめご了承ください。
購入前に講師が対応できるか確認していただくことをお勧めいたします。

CCレッスン公式ホームページ「CCレッスンの中国語テキスト」より

講師について

講師は皆、中国在住のネイティブの中国人でした。

講師の質はというと、先生によりますね…。

非常に多くの講師が登録されていますので、いい先生もいれば、そうでもない先生もいます。

早いうちに「お気に入り」の先生を見つけられるかがポイントです。

人気の先生は、ほぼ予約が埋まっていますので要注意です。

私は単に「ネイティブと会話がしたい」というくらいの気持ちで受講したので、「ネイティブなら、どの先生でもいい」と思っていました。

でも、実際は「誰でもいい」ではダメでした。

信頼できる先生を見つけないと、物足りなさを感じます。

いくつか実例を上げますと…

A先生とは、毎回雑談で終わってしまいました。雑談でも割と楽しく語せたので、雑談で終わっても嫌な気持ちにはなりませんでしたが、毎回雑談だと物足りなく感じるように…。

B先生は、テキスト棒読み。何の質問もなく終了…。

C先生は、「パジャマ姿?」と思ってしまう恰好でした。

講師数が多い分、いい講師を見つけるのも結構時間がかかります。私の場合は、「この先生はよかった」と思える先生には出会えませんでした。

ただ、あくまで「私の場合は」です。

ぜひ、体験レッスンを受けて判断してもらえればと思います。

【辛口】率直な感想

辛口コメントにはなりますが、下記は私の率直な感想です。

毎日ネイティブと会話をしたことで、「中国語耳」は鍛えられた気がします。

語学は『10分でもいいから毎日やることが大事』だと言いますから、無駄ではなかったと思います。

また、講師数最大で予約が取りやすいのは確かです。

しかし、いい先生とは巡り合えませんでした。

初心者にオススメするかと言ったら微妙です。

指導経験が明らかに足りない先生もいるので、「そういう人から教わって大丈夫かな…?」というのが率直な感想です。

以前、私は外国の方に日本語を教えるお手伝いをしたことがあるのですが、母国語を外国人に教えるのって、予想以上にハードだと実感しました…。

厳しい採用試験をパスして、しっかり研修を受けている先生に教えてもらうほうが無難です。

CCレッスンを活用するために

辛口コメントを書いてしまいましたが、CCレッスンの価格は非常に魅力的です。

うまく活用できれば、コスパ最強のスクールです。

最後に、CCレッスンを活用するためのポイントを3つお伝えします。

無料体験は必ず受けよう

まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。

無料体験レッスンを受けるときは、下記2点を確認するようにしてください。

  • どんな先生がいるか
  • 自分の受けたい時間帯の、先生の空き具合

もし自分の受けたい時間帯に先生の空きがあまりなければ、ネトチャイなど同じ価格帯の別のスクールを検討してみてもいいと思います。

学習プラン、受講プランを考える

週に何日受けるか考えましょう。

毎日受ければ安くなりますが、週に1回しか受けなければ、1回のレッスンは2000円近くになります。

余談

話はそれますが、毎日通うものにスポーツジムがあります。

スポーツジムは半年で7割の人が退会し、通っている人に「通う頻度」を尋ねたら、週に1~2回が約半数だそうです。

最初はみんな「毎日受ける」と思って申し込むのですが、実際にはほとんどの人が毎日は受けません。

週に何回レッスンを受ける予定か、現実的に考えてみてください。

先生選びはしっかりと

こればかりは、いろんな先生の授業を受けて自分で開拓していくしかありません。

人気の先生は教え方が上手なのだと思いますが、予約が埋まっていることが多く、自分の受けたいときに受けられません。

一方、空きが多い先生は「人気がない」のか、あるいは「新人」の可能性があります。

お気に入りの先生は、5人くらい見つけましょう。

【初心者の場合】発音はしっかり学ぼう

中国語のスクールで一番しっかりやらないといけないのは「発音の練習」です。

ただ、中国語の発音は非常に難しいです。

習うのも難しいですが、教えるのも難しいです。

初心者に教えるのが得意な先生を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、私の体験をもとにCCレッスンについて紹介しました。

CCレッスンは講師数が多い分、自分に合うお気に入りの先生を見つけられるかがポイントです。

また、レッスン料が魅力的ではありますが、週に何回受けるか現実的に考えて、1レッスンいくらになるか計算してみましょう。

上手にスクールを活用して、中国語を話せるようになりましょう!

》CCレッスン無料体験レッスンに申し込む
注:CCレッスンの無料体験レッスンを受けるには、Skype IDが必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる