何から始める?初心者が中国語をゼロから勉強する6ステップ

  • URLをコピーしました!

中国語に興味があります。何から勉強すればいいですか?

この記事では、これから中国語を始めてみようと思っている方に向けて、『中国語の勉強を始める6ステップ』を紹介します。

私が中国語の勉強を始めたのは、30歳になるちょっと前。

大学では一切中国語を勉強しておらず、社会人になってから始めました。

時間はかかりましたが、HSK6級にも合格できました。

「中国語を始めてみようかな?」と思ったら、この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

目次

中国語はどういう言語か、ざっくり理解する

まずはざっくり『中国語』を紹介します。

『中国語』で使われている漢字は、大きく分けて2種類

  • 簡体字(かんたいじ): 中国大陸で使用
  • 繁体字(はんたいじ): 台湾で使用

以下の表は、国ごとに使われている漢字をまとめたものです。

エリア漢字口語
中国大陸簡体字標準語
香港、広東省繁体字広東語
マカオ繁体字広東語
台湾繁体字標準語
シンガポール簡体字標準語
マレーシア繁体字標準語、広東語

このブログで紹介しているのは、中国大陸で使われている標準語(簡体字)です。

台湾で使われている中国語」は繁体字ですが『台湾華語』とも呼ばれています。

最近は書店に『台湾華語』と書いてあるテキストがたくさん置いてあります。

それらは、繁体字です。

中国大陸の中国語(簡体字)を勉強したい人は、「台湾華語」のテキストを買わないようにしてください。

簡体字について

実は中国大陸でも、1940年代までは『繁体字』を使っていました。

え、そうなの?

歴史的な経緯はこんな感じ。

昔の中国は、国民の識字率が高くありませんでした。

1949年に中華人民共和国が成立すると、毛沢東は「識字率を上げるために、漢字をもう少し簡単にせよ」と文字改革を指示。

それにより、簡体字が作られました。

発音について

次に発音について紹介します。

中国語の発音記号を、ピンイン(拼音)と呼びます。

中国語には、36個の母音と21個の子音があり、それを組み合わせた約400の音の組み合わせで成り立っています。

  • 【母音】a、o、e、er、ai、ei、ao、ou、an、en、ang、eng、ong、i、ia、ie、iao、iou(-iu)、ian、in、iang、ing、iong、u、ua、uo、uai、uei(-ui)、uan、uen(-un)、uang、ueng、ü、üe、üan、ün
  • 【子音】b、p、m、f、d、t、n、l、g、k、h、j、q、x、zh、ch、sh、r、z、c、s

中国語初心者は、発音の組み合わせを一覧にした「音節表」を見て発音の練習をします。

音節表 (wikipedia)

400通りの発音があるので、発音の練習は大変です。

うまく発音ができなくて、勉強をやめてしまう人も…。

ただ、発音の練習が終わればかなり楽になりますから、コツコツ練習を続けていきましょう。

中国語の発音は、ほとんどの人がつまずきます。
私も何回、間違いを指摘されたことか…。

コツコツ練習すれば大丈夫です。

中国語の始め方

では、中国語を始めるための準備をしていきましょう。

STEP1:参考書を1冊買ってみる

まずは、一冊参考書を入手するところから。

初心者向けの中国語の参考書はたくさんありますが、個人的におすすめなのは以下の本です。

テキストが大きくて見やすいだけでなく、ひとりで勉強できるように分かりやすく説明されています。

こちらの本を最後までやり通すことができたら、すでに中国語の基礎知識は身についているはず。

一人で勉強するなら、テキストはなるべく易しいものがいいです。

まずは一人で学習を進めてみてください。

(ちなみに『初心者におすすめの本』は、【超初心者向け】中国語をゼロから始める人にオススメの参考書2冊でも紹介しています。)

STEP2:中国語キーボードを追加

次は、スマホやパソコンで中国語を入力できるように中国語キーボードを追加しておきましょう。

中国語の勉強を始めると、スマホやパソコンで中国語入力が必要な場面も出てきます。

Android11 で中国語を入力する方法は、Android 11 で中国語入力する方法で紹介しています。

PCに中国語キーボードを追加する方法は、下記の記事が参考になります。

STEP3:「手書き入力」機能を使えるようにしておく

中国語キーボードを設定するだけでなく、スマホやPCで手書き入力もできるようにしておきましょう。

中国語の勉強をし始めると、『漢字は分かるけど、ピンインが分からない』というケースに出くわします。

その時は、スマホやPCの「手書き入力」機能が断然便利。

キーボードを追加するときに「ピンイン」と「手書き」の両方にチェックを入れておけば OK です。

私は中国語の学習をするとき、次の組み合わせで使うことが多いです。

  • スマホかタブレット (手書き入力)
  • パソコン (ピンイン入力)

「手書き」と「ピンイン」に切り替えるのは結構面倒なので、「2台使い」をオススメします。

ちなみに Google翻訳を使うときは、「手書き入力」の設定は不要です。

Google翻訳で、言語を「中国語」に設定すると、入力方法として「中国語(簡体字、中国)- 手書き入力」という選択肢が表示されます。

STEP4:無料辞書アプリ・サイト

語学の学習には、辞書は必須ですよね。

でも、紙の辞書や電子辞書を買う必要はありません。

無料で使える辞書サイトや辞書アプリがありますから、それを使いましょう。

私は、下記で紹介している辞書しか使っていません。

パソコンの場合

中国語の意味を調べたいときは、『Weblio』だけで十分です。

おすすめの中国語辞書サイト

スマホの場合

スマホで中国語辞書を使うなら、下記のアプリだけで十分です。

Android ユーザー向け

Weblio中国語辞典-無料の日中中日辞書

Weblio中国語辞典-無料の日中中日辞書

Weblio無料posted withアプリーチ

iOS ユーザー向け

中日日中辞典 - 役立つ中国語辞書

中日日中辞典 – 役立つ中国語辞書

Penzo無料posted withアプリーチ

STEP5:YouTube で中国語の番組を見る

参考書を読み、中国語の入力方法が分かったとしても、それだけではあまり面白くありませんよね…。

中国語を学ぶなら、「楽しく学べるモノ」を用意しておくのが重要。

今は中国語の YouTube 番組がたくさんありますから、ぜひ YouTube を活用してみてください。

ここでは、代表的な中国語YouTube番組を紹介します。

基礎から始める中国語(李姉妹ch)

人気YouTuber李姉妹の中国語講座です。

有名なのですでにご存じかもしれませんが、中国語を身近に感じることができるおすすめの番組です。

ヤンチャンCH

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる