中国語で「肉まん」「あんまん」は何て発音する?|「肉まん」の安さに驚いた話【中国滞在記】

  • URLをコピーしました!

冬になると食べたくなるのが、肉まん・あんまん。

コンビニでつい買ってしまいますね~。

中国にも「肉まん」はあります。

しかも、具の種類が豊富です。

私は中国に語学留学しましたが、肉まんの種類の多さに感動しました。

肉まん好きの人には、ぜひ中国で「肉まん」を食べてみてほしいです。

この記事では、

  • 中国語で「肉まん」を何て発音するか
  • 中国滞在中、中国の「肉まん」が安すぎて感動した話
  • 中国の肉まんに、肉が入っていなかった話

を紹介します!

(しょうもないと内容と分かっていながら、肉まん話が書きたくて…。)

目次

「肉まん」を中国語で発音すると?

肉まんは中国語で「包子」(バオズ)といいます。

肉まん

包子
Bāozi

具材は「餡」といいます。「餃子の」と同じです。


Xiàn

中国に「ピザまん」はありませんでしたが、日本の肉まんと比べると、具材が豊富でした。

・しいたけ(香菇)
・ニラ(韭菜)
・青菜(青菜)
・セロリ(芹菜)
・にんじん(胡萝卜)
・大根(萝卜)
・きくらげ(木耳)
・春雨(粉丝)
・たまご(鸡蛋)

などなど。

こういった具材が入っていて、私が何度も通った店には、肉まんの種類が10種類以上ありました。

日本のコンビニでも、「肉まん」と「プレミアム肉まん」ではなくて、違う味の肉まんを置いてほしいところです。

「肉まん」が安すぎて感動した話

それにしても、中国で肉まんを食べたときの衝撃は忘れられません。

「何が?」というと、「安すぎ」だったからです。

中国に到着し、その週末に繁華街に遊びに出かけたときのこと。

お腹がすいたので、マックに行こうかと。

中国語は読めないものの、麦当劳(マクドナルド)のマークだけは分かります。

マックを発見したものの、マックの向かい側から、なんだかおいしそうな匂いが…。

それが、肉まん屋でした。

匂いにつられ、店の看板にあるメニューを見ましたが、全部中国語で全然読めず。

ただ、唯一分かったのは、すべて「一元」ということでした。

「一元」は、当時のレートでいうと日本円で15円。

肉まん1個が15円。

一方、麦当劳のハンバーガーといえば、20元近く。

肉まんが20個食べれる値段です。

アラサー女子が

「ハンバーガー1個の値段で肉まん20個食べれる」

と喜んでいる場合じゃないですが、

当時の私は「これはスゴイ!!」と。

何か分からないものの「香菇」という字が美味しそうに見えたので、「香菇肉包」を注文。
(香菇:しいたけ)

「非常好吃」でした。

今回は

『それ以降、繁華街に行くたびに、アラサー女子は肉まんを食べるようになりましたとさ。』

という、しょうもない話です。

後日談。肉まんもさすがに飽きてきて、3か月目にマックに行きました(笑)

「肉まん」だと思って食べたら、肉が入ってなくて切なかった話

「肉まん」の思い出といえば、もう一つ、しょうもない話があります。

学生寮に住んでいたときのこと。

しょっちゅう停電が発生したんですが、丸1日停電してご飯が作れなかった日がありました。

隣の建物の食堂でご飯が食べられるということで、その食堂に行ってみることに。

「仕方ない、肉まんでも食べるか。」

またしても「肉まん」をオーダー。

出来立てのホカホカ肉まんは、おいしそう。

が、食べても食べても、

肝心の「肉」が出てこない…。

なんで?

結局、最後まで食べても肉は出てきませんでした。

「肉無し肉まん」というのは、こんなに味気ないものとは…。

肉まんにおける「肉の必要性」に気づかされた瞬間でした(笑)

後で知ったのですが、それは「肉無し肉まん」ではなく、「馒头」と呼ばれる、れっきとした食べものでした。

日本語で書くと「饅頭」です。

中国の東北地方は降水量が少なく、米ではなく小麦で作られる「馒头」や麺が主食だそうです。

饅頭

馒头
Mántou

馒头はあまりに味気なく「もう一度食べたい」という気にはなりませんでしたが、それもそのはず。

馒头は濃いめの味のおかずと一緒に食べるものらしいです。

馒头は、こういう食べもの↓です。口の中の水分が持っていかれます。

「あんまん」は中国語で何て言うの?

「肉まん」の話ばかりしてしまいましたが、

日本人としては「あんまん」の読みも知っておきたいですよね(笑)

あんまんは、中国語で「红豆沙包子」あるいは「豆沙包」といいます。

あんまん

红豆沙包子
Hóngdòushā bāozi

「红豆沙」が「あんこ」の意味です。

おわりに

この記事では、「肉まん」「あんまん」の中国語での読み方を紹介しました。

新宿中村屋のホームページによれば、「肉まん」は

  • 中国の三国時代(220年頃)、名将・諸葛孔明が作らせた
  • 日本の「中華まん」は、新宿中村屋の創業者が中国旅行した際に食べた「包子」を日本人向けにアレンジして、1927年(昭和2年)から販売するようになった

らしいです。2000年の歴史があるんですね。

私の「行きつけだったお店」が今もあるかは分かりませんが、中国の肉まん、また食べたいです。

くだらない話にお付き合いいただき、ありがとうございました!!


中国語を本格的に勉強してみたい人は、下記の記事も参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次